ロンドン 24日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、同国では昨年、入国者から出国者を差し引いた純流入数(1年以上滞在)が25万8000人と、5年ぶりの低水準となった。欧州連合(EU)加盟国からの入国が減った。

2017年は28万5000人だった。

ONSの統計官は「2016年以降、仕事を目的とした英国への移住パターンに変化が見られる。仕事のために長期間英国に滞在する人は減っている。EU加盟国からの入国が減っていることが主因だ」と述べた。