20代の若手社会人が選ぶ転職人気企業ランキングを就職情報サイトなどを運営する学情が発表しました。1位は「トヨタ自動車」で、今後も成長が見込まれる企業が人気になる傾向がありました。

【その他の画像】

 2位の「Google」や3位の「ソニー」、4位の「アマゾンジャパン」など、ITやソフトウェアエレクトロニクス関連の企業が上位10社のうち半数を占めました。

 また、「自動車メーカー」から「モビリティカンパニー」への転換を掲げるトヨタや、携帯キャリアに参入する9位の楽天、リニア中央新幹線の計画を進める27位のJR東海など、「大手でありながら新たな事業にチャレンジしている企業が人気を集めている」といいます。

 20代社会人は企業の成長性や、成長している業界で経験を積むことを重視しており、「社会人経験を積み自信をつけているからこそ、スキルを身に付け活躍の場を広げたいという意欲を持つ人が多いという、20代若手社会人の志向性が見える結果となりました」と学情はコメントしています。

 一方、同社による2020年卒の就職人気企業ランキングでは、41位の「東京都」や、80位の「大阪府」のように、地方自治体が躍進。「働き方を重視する学生の志向性に加え、民間企業のスケジュールが事実上早まったことが、公務員試験との併願を可能にし、票を集めた」とのことです。

 若手社会人の転職人気企業ランキングは、2018年11月12月Webイベントアンケート調査し、654人の有効回答をまとめたものです。

(Photo by Andrea Leopardi on Unsplash)