ANAが、日本の航空会社で初導入する「世界最大の旅客機エアバスA380。「フライングホヌ(空飛ぶウミガメ)」という愛称と特別塗装を持つその機体が、成田からホノルルへ飛び立ちました。セレモニーも行われています。

撮影で中に入りましたが…!

ANAが、日本の航空会社で初めて導入したエアバスA380型機が2019年5月24日(金)、東京・成田20時10分発のハワイホノルル行きNH184便で運航を開始しました。

「撮影でA380の中に入りましたが、広くて新しい機内には、ワクワクする事がたくさんありました!」(ANAのCMに出演する女優 綾瀬はるかさんが寄せたビデオメッセージより)

2階建て構造の客室を持つ、「世界最大の旅客機」であるエアバスA380型機。ANAが導入する同機はファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席、エコノミークラス383席(うち60席が簡易ベッドになる「ANA COUCHii」)の全520席という大きな輸送力が特徴のひとつです。

ANAによると、運航初便のホノルル行きNH184便は満席の予約だったとのこと。同社の平子裕志社長は「いよいよ待ちに待った瞬間がやってきました。丸みを帯びた機体にデザインがよく似合っていると、世界中から好評をいただいております」と話します。

怖いかもと思ったけど…

このエアバスA380型機を、ANAは3機導入。ハワイで神聖な生き物とされているウミガメにちなんだ「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」という愛称と、特別塗装なども特徴です。

今回デビューしたのは、ハワイの空をイメージした「ANAブルーデザインの1号機(機番:JA381A)。6月にハワイの海をイメージした「エメラルドグリーン」の2号機、2020年春にハワイの夕陽をイメージした「サンセットオレンジ」の3号機も就航する予定です。

5月24日(金)の初便出発に際し、成田空港のNH184便出発ゲート前ではセレモニーが開催され、フラダンスといったステージパフォーマンス鏡開きなどが行われたほか、搭乗客には記念品として「フライングホヌ」1号機が描かれた「ビフォア・アフタバッグ」「折りたたみ式トートバッグ」がプレゼントされています。

ちなみに、機体をデザインした増岡千啓さんもセレモニーに出席し、「こんなに大きなカメは怖いのではないかとも思いましたが、とてもかわいくなりました」と話しています(デザインは公募が行われた)。

ANAのA380型機「フライングホヌ」初便就航の様子(2019年5月24日、恵 知仁撮影)。