格闘ゲーム大会「カプコンプロツアー(以下CPT)」運営は5月24日、直近の大会で“CPTの精神に沿わないコントローラー”の使用を認めない方針を発表しました。

【その他の画像】

 同運営は5月24日から行われる大会「コンボブレイカー」の開催に際して、参加選手からコントローラーに関する問い合わせを受けていたと明かし、現状のルールでは明確に答えられない状況にあると説明。その上で、「本大会においては、CPTの精神に沿わないコントローラーの使用を認めることができないという結論に至りました」と発表しました。

 当該コントローラーとは、具体的には「ヒットボックス」に代表されるスティックを排除したコントローラー群のことを指すとみられます。ヒットボックス自体は2011年ごろから存在していましたが、最近になり「“最短入力”が可能になる」として再評価され、プロゲーマーなどからも注目を集めていました。

 格闘ゲームシーンではいわゆるアーケードコントローラーアケコン)やパッドのみならず、自作コントローラーキーボードによる操作など、コントローラーの多様性を認める文化が根付いています。そのため、ルール上どのような線引きが行われるのか、運営側の対応に注目が集まっていました。

 CPT運営は今後コントローラーの利用規定について、ルール改正を視野に検討を進めるとのこと。ただし、「適切な判断をするために、より多くの情報と、さらなる時間が必要」としており、決定には慎重な姿勢を見せています。

最近話題になっていたレバーレスコントローラー「ヒットボックス」