シカゴ 24日 ロイター] - 米航空大手ユナイテッドコンチネンタル・ホールディングス<UAL.O>のユナイテッド航空は24日、ボーイング<BA.N>の737MAX機の運航停止を8月3日まで延長する方針を発表した。

運航停止の延長に伴い、1日当たり40─45便がキャンセルとなる。延長の理由は明確にしていない。

同業のサウスウエスト航空<LUV.N>は運航停止期間を8月5日アメリカン航空<AAL.O>は8月19日までとしている。