24日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)にタレントカンニング竹山が出演。子育て中の親を困らせる電車のベビーカー問題に、持論を述べた。

 

■電車でベビーカーは危険?

番組では、人が混み合う通勤ラッシュに仕方なくベビーカーで電車に乗らなくてはいけなくなった母親が、乗客から「この時間にベビーカーで乗るな!」と激怒されたという投稿を紹介した。

2児の母である大神いずみは、自身も満員電車でベビーカーに乗った経験をふまえて、ラッシュ時のベビーカーは「自分の足元は全く見えない」と危険性を指摘。「ベビーカー自体が乗っている人たちにとってはすごく邪魔だったりする物体なので…」と語る。

2児の父であるタレント庄司智春も「電車が揺れたときに(人が)覆いかぶさって、子供のほうが危険」と大神の意見に納得。

子育てをしている2人がベビーカーに難色を示していることから、一筋縄ではいかない問題であることは間違いない。

 

■ベビーカー反対派に激怒

すると竹山は、大神たちの意見に同意しつつも「その意見でずっとやっていくと世の中変わらない」と断言。「電車は公共の物だから。これで『ベビーカー乗せるんじゃねえよ!』という奴が、『じゃあお前タクシー乗れ』ってこと」と怒りをあらわにした。

さらに「どの時間に乗ってもいいのが公共の物だから。ルールはないから。だから堂々と乗るというのをやって、受け入れるってことを世の中でやらないと」と訴える。

そして、周囲の人々ができることとして「俺たちも頑張らなければいけないのは、例えば飛行機に乗っても新幹線とか電車でも赤ちゃんが泣いていて、たまにどっか頭おかしい奴が『うるせえぞ』って言うのがいるじゃん。そいつが言った瞬間、俺らが『お前がうるせえんだよ!』と言うのよ。そういう運動をするの。それを俺たちはやらなきゃいけない」と語った。

■ネットでは称賛の声が続出

竹山の意見に、ネット上では「よく言ってくれた!」「竹山さんみたいな人が増えてくれるとうれしい」と称賛する声が続出。子育て中の母親とみられるユーザーからは「竹山さんの言葉に救われた」といったコメントも寄せられている。

 

■子育て女性に対する風当たりは厳しい?

竹山のコメントに絶賛の声が相次いでいるが、それだけ電車を利用する子育て中の女性が悩みを抱えているということだろう。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,589名を対象に「子育て中の女性に対する世間の目」について調査したところ、3人に1人が「風当たりが強すぎる」と回答している。

子育て

ベビーカーを利用する親たちのために「俺たちも頑張らなければいけない」「受け入れるってことを世の中でやらないと」と訴えた竹山。

発信力のある彼の言葉を受け、1人でも多くの人が子育てをする親に優しく手を差し伸べることを切に願いたい。

・合わせて読みたい→お節介? 若者が階段でベビーカーを運ぶ人に手を貸さない理由

(文/しらべぇ編集部・鳩麦エスプレッソ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年2月1日2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1589名 (有効回答数)

カンニング竹山、電車のベビーカー問題に激怒 「よく言った!」と称賛の声