2019年7月よりスタートするドラマべしゃり暮らし」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)の新キャストが発表された。

【写真を見る】今は亡き潔の妻・美津子を演じる篠原ゆき子!夫のお笑いの原因とは一体なにがあったのか

同作は、森田まさのりの漫画が原作の、本気で漫才に取り組む高校生・上妻圭右(間宮祥太朗)と辻本潤(渡辺大地)の奮闘を描いた青春お笑いストーリー

今回発表となった新たなキャスト陣は主人公・上妻の個性豊かな家族たち。

圭右の父親にして、そば屋「きそば上妻」の店主でもある上妻潔役を演じるのは寺島進。そして、亡き圭右の母・美津子に篠原ゆき子、さらに圭右の姉・しのぶ役に徳永えりが決定した。

寺島が演じる圭右の父・潔は、大のお笑い嫌い。かつては店に若手芸人が集い、お笑い好きだったが、ある時を境に突然毛嫌いし始めるという役どころ。

それには、妻・美津子の死とも深い関係があるのだが、やがて漫才師を志す息子・圭右とは、ときに猛烈な衝突をみせる場面もあるという。

劇団ひとりが、芸人を目指す若者の汗と涙をどう映像化するのか

寺島は、「このドラマは、芸人さんの話ですが、芸人さんというのは本当に大変な仕事だと思います。どんな仕事も同じように大変ですが、続けていくことがとても大事なんだと思います。そういうことも感じさせてくれる作品ですので、ぜひとも楽しみにしていてください」とコメント

篠原も「現場では冷静でクールなたたずまいにみえる劇団ひとりさんが、芸人を目指す若者の汗と涙をどう映像化するのか。私も出来上がった作品を拝見するのがとても楽しみです」と、演出を担当する劇団ひとりに期待を寄せた。

さらに徳永からは「間宮さん演じる圭右はとてもパワフルで一緒にお芝居を作っていく中で心を揺さぶられる瞬間がたくさんあります。その隣にいる辻本役の渡辺さんは、圭右のパワーを優しく大きく包み込んでいて、とてもバランスの良い2人がこの物語を形成しているんだなと感じました。

最後まで姉として、時に厳しく時に優しく見守る存在でいたいと思います」と主人公の2人を絶賛するコメントも飛び出した(ザテレビジョン

妻の死をきっかけにお笑いが大嫌いになる上妻潔を演じる寺島進