藤田恵名

24日「今、いちばん脱げるシンガーソングライター」として人気のアーティストグラビアアイドル藤田恵名が、『ヤングアニマル11号』(白泉社刊)表紙掲載を記念したイベントを開催。

グラビア撮影や、今後の目標について語った。

 

■ビキニに黒ブーツはアリ?

藤田は、ショッキングピンクビキニに黒ブーツを合わせてセクシーな格好で登場。

藤田恵名

「水着を着るとき、脚を長く見せたい。でもピンヒールだと歌うにはバランスが悪いので」黒ブーツを履いているといい、「変ですか? いつもこの格好でやっていて、CDジャケットとかも黒ブーツ履いてて…」と、ちょっぴり困惑する場面も。

 

■いいケツだった?

雑誌の内容や見所を聞かれると、「朝から仕事だったので…まだ紙面を見れてないんです」とまさかの回答。

藤田恵名

「おお、すごい!」と言いながら自分の写真チェックを始め、「表紙がおっぱいどーんじゃなくて、お尻のかっこいい感じ。お尻はコンプレックスだったんですけど、こうやって使ってもらえるってことはいいケツだったのかな」とニッコリ。

■腐らなくてよかった!

意外にも、これが初めての表紙となる藤田。

藤田恵名

「今28歳なんですけど…グラビアを初めて4年くらい。みんなが知ってるコンビニに置かれている雑誌の表紙を飾れる日が来るなんて。諦めていたので感慨深いというか…腐らずにグラビアアイドルというお仕事と向きあってきてよかったな」と喜ぶ。

 

■アニマルヌード希望!?

「インスタとかで、ひたすら動物の写真とか動画とか見ていて。動物をかわいいって言ってる私かわいいじゃなくて、心から癒しになってるんだな」と気が付いた藤田の今後やりたいことは、まさかの「動物番組に出たい!」。

藤田恵名

最近も1人で多摩動物公園を楽しんできたといい、「動物番組に出て、普通では飼えなそうな動物を飼育してみたい。コアラをいつか抱っこしたい!」と微笑む。

動物好きはグラビアにも影響しており、「動物と水着…動物で隠す、アニマルヌードみたいなものを。最初は犬から入って、どんどん絶滅危惧種と…」と仰天のアイデアを披露した。

・合わせて読みたい→今一番脱げるシンガーソングライター藤田恵名 『アウト☓デラックス』号泣に応援が殺到

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

今、いちばん脱げるシンガーソングライター・藤田恵名 やってみたいグラビアは「アニマルヌード」