『陸海空 こんなところでヤバいバル』がAbemaTVで放送され、美女10人が過酷なサバイバルに挑戦。集団生活に疲れ山道でひとりになった胡桃そらが遭難し、その後メンバーらに救出されるシーンが放送された。

 ヤバい司令官から出されるさまざまな指令に挑む当番組。毎回、出演者の特性にあった内容の“前人未到のヤバイ指令”が、ヤバい司令官・高嶋政宏(※高の字は正確にははしごだか)によって出される。高嶋司令官が下した、今回のミッションは『美女10人10日間サバイバル生活 10日間で合計10kg太れば賞金100万円』だ。


 リタイア寸前だった西野未姫(元AKB48)の陰で、実はもう一人限界を迎えていたメンバーがいた。アイドルグループ仮面女子メンバーの胡桃そらは、山を歩きながら「面倒くさい、面倒くさい」と連発。「コミュニケーション取るの疲れちゃった」とぼやいた。

 高見奈央(元ベイビーレイズJAPAN)から「意識高い!」と言われると、胡桃は「意識高くねえから……」と弱々しい声でマフラーを頭に被った。高見が笑いながら「しょぼくれてんなあ」と茶化すと、胡桃は「意外と都会育ちだからよお。こう見えて。野生児ぶってるだけで。全然お嬢ちゃんなんだよ」とヤンキー口調で弱音を吐いた。


 メンバーと一緒に山道を歩いていた胡桃は「あー、もうやだなあ。お休憩する、ひとりで」と言いながら、急に立ち止まった。神部が「大丈夫?」と声を掛けると胡桃は「うん、後で帰る」と山道に座り込んだ。

 遠山茜子が「何するの?」と聞くと胡桃は「疲れたから、座ってる」。神部美咲が「暗くなるから早く帰ってきなよ」と心配すると、胡桃は「うん、ばいば~い。あまり誰かといたくない……」と覇気のない返事をした。自然の中での集団生活に疲れたのか、結局胡桃は一人寄り道を繰り返した。


 小屋では、一足先に帰ったメンバーらが火を囲みながら西野未姫のリタイアを心配していた。そんな中、胡桃が小屋に帰ってこないことに気づく。

 遠山が「けっこう(胡桃とは)手前で別れたよ?」と話すと、後追いで小屋に帰ってきたメンバーが「えっ、いなかったよ?」と、帰り道で胡桃と出会わなかった事実を明かす。メンバーらは「ウソでしょ……」と愕然。「(胡桃の横に)迷彩柄のスタッフさんがいたら、だいぶヤバい」と胡桃を心配し始めた。


 一方、胡桃は「ヤバいなあ」と言いながら夜道を歩いていた。時刻は午後6時半ごろ。胡桃は「こんな急な道、歩いてこなかったはず。真っ暗になる、ヤバいどうしよう。こんな長くなかったよ、行きは」と焦っている様子。夜の山道で迷っている胡桃を観たスタジオの小峠は「こえー」とヒヤヒヤ。

 胡桃の横についている“迷彩柄のスタッフ”も「えっ、これあったっけ?」と焦り。胡桃は「本気でヤバい。すみません、ついて来させちゃって」とスタッフに謝っていた。

 食材も何も持っていない胡桃。小屋で胡桃を待っていたメンバーらも、話し合いの結果、胡桃を迎えに行くことに。夜の山道を歩き、ミステリーハンター・鉢嶺杏奈が「ちょっとスピードあげられる?」と言うと、メンバーらは歩く速度を早めた。最年長・池田裕子も「こんなことある?」と心配を隠せない。


 歩きながら、鉢嶺は「なんで別れちゃったかなあ、あそこで……」と呟き、昼間に胡桃を置いて帰ったことを後悔していた。

 一方、迷彩柄のスタッフと二人で真っ暗な山道を歩いていた胡桃は、メンバーらが持っている懐中電灯の光を見つけると即座に反応。胡桃が「すいませ~ん!」と大声で叫びながら駆け寄ると、メンバーらも胡桃に気づいた。


 こうして胡桃と他のメンバーたちは、無事に合流。口々に安堵の声をあげた。安心した胡桃は「よかったマジで。ああ、良かった~」とその場にへたり込んでしまった。胡桃は「(自分が)死体で見つかってニュースになることまで考えていた」と涙声で本音を打ち明けた。


 小屋に帰宅した後、胡桃はメンバーらと一緒に火を囲みながら「(スタッフと二人で)半泣きで歩いてて……。(スタッフが)巡り会えたときに『奇跡ですよ』って。最終日まで頑張ろうと思った」と告白。山の中で遭難しかけた胡桃だが、皆に助けられたことでやる気を取り戻したようだ。

 スタジオトークでは、心を動かされた様子の高嶋が「これ、テレ朝ドラマ化しましょう!」と提案するも、小峠は「ない」と否定。大石絵里は「でもこれは女子のリアルですよ!」とフォローした。


 胡桃がひとりになるシーンを振り返った高嶋は「一番危なかった。山道とか森とかで暗くなって迷ったら、もうヤバい。それを絶対に探しに行っちゃいけない」と忠告。仲間が遭難しても、本来であれば山の知識がない人が探しに行ってはいけないという。

 番組はAbemaビデオで視聴可能だ。
アイドルが山で遭難!「死体で見つかってニュースに…」緊急事態にスタッフも焦り