今夏の参院選比例代表に日本維新の会公認で立候補する予定の元フジテレビアナウンサー長谷川豊氏が、被差別部落への差別を助長する発言をしたとして、維新の会は当面、公認停止にすると発表した。

 長谷川氏は5月2日に行われた講演で、江戸時代の被差別民について「士農工商の下に、人間以下の存在がいる」などの言葉を使った上で、「当然、乱暴なども働く」「プロなんだから、犯罪の」と発言。この内容が5月15日に動画でインターネットに投稿され、部落解放同盟が内容を把握し維新の会に「発言は『部落は怖い』『犯罪集団』などの差別意識を助長する行為」と抗議をしていた。

 すると、長谷川氏は22日にブログを更新。
江戸時代を含めた中世・近世の身分制度について、きちんとした知識を有しないにもかかわらず、安易に「一部の身分の被差別者を犯罪集団だった」と言及したことは、「差別の助長」「差別の再生産」を聴衆の皆さんにもたらす弁解の余地のない差別発言です。私自身の「潜在意識にある予断と偏見」「人権意識の欠如」「差別問題解決へ向けた自覚の欠如」に起因する、とんでもない発言です。人間としてあってはならないことを犯してしまい、慙愧の念に堪えません。この発言を全面的に謝罪するとともに、完全撤回させてください》

 などとつづって全面謝罪した。しかし、ネットからの批判はやまず、長谷川氏のツイッターアカウントには批判の声が殺到。
《貴方の発言をいつも、反感をもって注目しています。最近でも今回の差別発言、先の戦争発言に対しての軽はずみな擁護論 言論の自由は当然ですが。何て正直な人だと察しますが、しかし国会議員になろうとしている人の識見ではありません。今一度自分を見つめ直す時間を作ることをオススメします》
《もう政治家を目指すことは辞めて下さい。貴方には無理です》
《今さら? 遅い遅い。周りからも前々から指摘あったでしょ? それをまともに向き合わなかったあなたに絶対的な落ち度がある》

 などというストレートな批判に加え、長谷川氏が謝罪する前にツイッターに投稿していた、

《【注意】自由同和会の方からご連絡を頂戴しました。「選挙前のせいか悪意ある編集が出回っているようです。どうかご注意を」とのこと。本当にお気遣いに感謝。僕の講演は90分です。引用元も示さず、無断で前後を切り取りしアップする行為・それらを拡散する行為は明確に犯罪行為ですのでご注意を》

 このツイートを引用して、
《つい2日前に、こんな脅しとも思えるツイートをしていましたよね。こんなに短期間に180度、考え(主張)を変えちゃうって、定見が必要な国会議員に適していないのでは》
 などと長谷川氏にブーメランが刺さる投稿も見られた。

 しかも、炎上は維新の会にも飛び火している。長谷川氏の処分が「公認取り消し」ではなく、「当面公認停止」であることから、
《公認停止って何やねん! 知らん間に公認になってるなんてことはないですよね》
《停止っていうのはまた進み出すまで止まってるという意味。中止ではないからね、ほとぼり冷めたら、また、公認するって維新は言ってるんだ》
《え、停止?? 取り消しじゃないのね。選挙の公示直前に、また公認するかもしれないので、まだまだ気は抜けません》
《公認って「停止」できるもんなんですね。しかも「当面」「停止」》
 などと処分の不可解さを指摘する声が目立つ。

 維新の松井一郎代表は22日に「全くかばう余地なしの発言だった」と断罪したが、果たして長谷川氏は選挙に出てくるのか? 要注目だ。