「内田聖人&谷田成吾対談最終回」―野球界議論、意外と少ないアマ選手側の声

 アマチュア球界で異端の道を歩んだ2人の男がいる。内田聖人と谷田成吾。内田は早実、早大で甲子園出場、大学日本一、谷田は慶応から慶大で世代別日本代表など、輝かしい実績を持つ。社会人野球の名門・JX-ENEOSではチームメートとして都市対抗出場を目指し、汗を流した。そんな2人は昨年から今年にかけ、人生をかけたチャレンジに挑み、大きなターニングポイントを迎えた。

 内田は故障の影響で17年限りで社会人を戦力外になって以降、野球の道を捨てず、天然ガスの営業マンとして社業に勤しむ一方、個人でトレーニングに励んだ。結果、自身でも驚くような復調を遂げ、今年2月から1か月、米国に渡り、トライアウトに挑戦。米強豪独立リーグと契約を勝ち取り、会社を退社して今月から米国に渡る。最大の目標は、MLBもしくはNPBで成り上がることだ。

「由伸2世」の異名で知られた谷田は昨年3月にJX-ENEOSを退社。MLBトライアウトに挑戦し、複数のメジャー球団から声がかかり、テストを受けた。惜しくも契約はならなかったが、以降は日本で四国IL徳島でプレーNPBドラフトを目指したが、指名は叶わず。25歳で潔く現役引退を決断。今年1月から六本木のIT企業に入社し、ビジネスの世界で成功を目指して第二の人生をスタートさせた。

 そんな2人がこのほど対談。最終回となる第6回のテーマは「昨今の野球界議論」。近年はDeNA筒香嘉智の提言を皮切りに指導者からも活発な議論が起こっているが、当のアマ球界でプレーしていた選手側の声が聞かれる機会は意外と少ないのが現実だ。そこで中学から社会人まで第一線で活躍した2人にアマ球界、将来の野球界について率直な思いを語り、本音を互いに明かしてくれた。

 ◇ ◇ ◇

――現在、野球界では球数制限、勝利至上主義といった議論が起こっている。中学シニア時代から高校、大学、社会人までアマチュア球界のトップを走って来た立場として、どんなことを感じているか。

内田「部活も教育の一環なのでチームワークを学びながら、全員で勝つという風潮は仕方ない。ただ、球数制限に関しては投手が潰れてしまう危険の一方で、野球人生のゴール甲子園優勝という人もいる。そうなると、肩肘が壊れても球数制限によって求めるものを奪う可能性があるから可哀想に思う。自分はプロ野球選手を目指していたから、球数制限があった方がいいと思っているけど、凄く難しい部分だと感じる」

谷田「自分自身も答えはなく、今は感覚的にどっちサイドにも寄れていない。ただ、発言する人が増えてきたのは凄く大事。いろんな考えがあることを発信していこうという世の中になってきている。それをもとにいずれ何かが決まったり、確実にどちらにならなくても意識を持った監督が増えたりすると思う。ルールで決めなくても監督が『うちのこういう野球部だから、この球数で投手を代えます』というものを示せれば、部活に入る子も選べる。どちらが正しいということはないと思う。ただ、いろんな情報発信はもちろん、指導者が自分のポリシーを持って判断することの方が大事じゃないかなと感じる」

内田「このままじゃダメだと思いながら止まっていたものが、みんな動き出した。もっと野球界を良くしなきゃと思っている。その動きは凄くいい。止めてほしくないし、何かで制限してほしくない。良いことも悪いこともあると思うけど、一元的に日本の野球はダメとか、断定的に話すのは良くないと思う」

谷田「球数問題に関しては、球数制限なしで監督がポリシーを持ってそれぞれの判断でやれるのが一番良くないかな」

内田「ホントはそう思う。でも、自分は球数問題はルールで縛らなきゃ難しいと思う。もし、自分が高校3年生だったら絶対投げたいから。3年間やってきた以上は投げたいと思う。でも今、社会人になって思うのは、もしもうちょっと投げていなかったら……ということ。それを考えると、ルールで縛らなきゃ難しいと思う」

内田「自分なら投げたい、だからルールを」、谷田「みんな、美談を欲している」

谷田「監督がその部ごとに決めるのではダメなの?」

内田「そういう部の方針があっても、絶対に勝たなきゃいけない状況に追い込まれたら『自分、投げたいです』と言ってしまうし、監督も人間だから折れてしまう可能性もある。だからルールで縛らないと難しいと思う。やっぱり3年間やってきて、エースだったら他のメンバーに任せるより、自分が投げることが一番いいと思ってしまうもの」

――その背景には野球文化独特の美談が作られているという側面もある。

内田「『予選から1人で投げ抜いてきたエースが……』みたいなフレーズはよく聞く」

谷田「みんな、それを欲しちゃっているしね」

内田「子供はそれをかっこいいと思ってしまう。だから心を鬼にしてルールを決める必要がある。全員がプロ野球選手になるために高校野球をやっているわけじゃない。そうであれば球数制限を設けた方がいいけど、甲子園優勝をゴールにしている人もたくさんいるし、その方が多いかもしれないことが難しい。だから、定めるならルールにするしかない。そこは偉い人に頑張ってもらうしかないけど、偉い人が動き出すために、自分らみたいな小さいところから言っていくことが大事だよね」

谷田「投げたいと思うから制限した方がいいってこと? 個人的にはルールで縛ることに少し抵抗を感じるかも。ルールで縛ることは選手の思考停止につながったり、指導者の成長を妨げてしまったりしないかな」

内田「自分はプロに行くのが前提だったので、絶対投げたいと思う。だからルールで制限しないと壊れてしまう子も多いと思う。自分が大学時代に怪我をしたことも、少なからず小さい頃から蓄積されたことも要因だと思う。怪我が直結してしまう問題。米国は実際に高校から当たり前に球数制限をずっとやってきて成り立っているし、日本も何年かやれば成り立つと思う。5年、10年やったらその中でどうやって甲子園で勝つか、高校野球も変わってくるはず。先発、中継ぎの役割ができたり、また違う野球になる」

谷田「野球が一つレベルアップして、今まで日が当たらなかった選手に日が当たるかもしれない。今までのルールだったらエース1人で投げ切っていたのが、球数制限があるから2枚目3枚目が育ってくる可能性もあるね」

内田「制限がある中で燃え尽きる方法を見つけると思う。ルールの中で高校野球でどうやり遂げるか。でも、そうなると人を集められる私立の強豪校有利になってしまう。層が厚いチームに勝つようになるのは仕方ないけど、そこだけは難しい」

――2人は高校球界の名将といわれる監督の下でプレーした。谷田は「エンジョイベースボール」を掲げる上田誠監督(当時)の下で学んだ。坊主にすることが強制ではなく、作戦を選手に考えさせることもあった。

谷田「現監督の森林さんも、上田さんも、当たり前のことをやっているだけ。特徴があるといわれることがおかしいと思っていた。勝ちたいと目標があって坊主にしようという発想にならない。監督は選手に考えさせ、意見をもらうことで勝てる確率が高いと思ってやっている。それが正しいからとかじゃなく、考えた結果、それがいいという判断。そんなに極端な例になること自体が高校野球は偏っていると感じる。普通のことやっているだけなのに、という感覚。

 慶応には『半学半教』という精神があり、教える側も教わっているという考えが根底にある。選手も何か意見があるなら言ってこいという雰囲気だったからか、今も会社であっても上司に意見しやすい。社会全体がパワハラはダメとなってきているけど、それって本来、当たり前のことのはず。野球部だからパワハラしていいわけじゃない。殴っていいわけでも、押さえつけていいわけでもない。当たり前のことを当たり前にやっていたんだろうなと感じている」

慶応・上田監督、早実・和泉監督に学んだこと、共通した「ノーサイン」の理想

――慶応では坊主にしなくていい理由は教えられるのか。

谷田「説明されないし、何も言われない。別に坊主でもいい。実際にそういう選手もいたし、自由ということ。『なんで坊主じゃないんですか』と言われたら、逆に『えっ? なんで坊主にしなきゃいけないんですか』と戸惑うような感覚だったかな」

内田「それは素晴らしいね。坊主を辞めよう、禁止にしようじゃなく“ただの人間”として扱うということ。なんで高校野球って坊主なんだろうって素朴に思うよ」

谷田「習慣、文化って怖いよね」

内田「自分は高校時代、坊主に疑問を思ったことは一回もない。五厘刈りは嫌だなくらい(笑)。『慶応は髪長いなあ』くらいで、いいなとも特に思わなかった」

――内田は斎藤佑樹らを擁して06年夏の甲子園優勝した和泉実監督の下で学んだ。朝練もなく1日3時間足らずの短い練習時間で自主性を重んじた指導方針だった。

内田「和泉監督はインタビューの時に『選手』ではなく『生徒』と言う。野球部である前に一人の生徒としてあれ、ということは教えられていた。練習については、それなりに強い学校では全国一と言っていいくらい自主性を重んじるんじゃないかと思う。練習時間は凄く短いし、練習メニューチームとしてこういうことが必要だと提案して、監督が『じゃあ、それをやろう』という感じ。高校生ながらに考えて野球をやっていた。『ノーサインの野球が最終的に求めているところ』ということも聞かされていた」

谷田「それは上田さんも同じこと言っていたな」

内田「監督のサインがなくても選手が阿吽の呼吸でやればいいという考え。だから、エンドランができそうだなと思えば、打者と走者間だけで勝手にやることもあり、試合でも自主性を求められた。それは例えば、練習が雨降った時、この状況でできるベスト、この状況だからこそできることは何かと考えたり、その思考は野球から離れて社会に出ても少なからず身についている」

谷田「いいなりにならないというところはある。慶応で有名なのは、センバツで監督からスクイズサインが出たけど、三塁コーチャーは『打者が気づいてない』と思って、目の前の三塁ランナーに『走るな』と言った。そうしたら、本当に打者が見逃したことがあった。監督のサインを変えたのに、逆に監督は褒めてくれた。『よく考えて行動した』って。常に怒られていたら、三塁コーチャーは『打者が気づいてバントしたら俺、怒られる』と自分の責任を回避するために走るはず」

内田「そこで褒められる監督っていうのはいいよね。言われたらその先が生まれない。選手が考えなくなってしまう。和泉監督も考えないで行動する、とりあえずやってみるということには厳しかった。こなすだけの練習がまさにそう。高校野球に多いけど、質より量ではなかった。加えて、野球選手としてだけでなく、まず一人の人間としてしっかりあれ、という感じ。だから、試合に勝った後も『生徒が頑張ってくれました』と言ってくれて、選手の気持ちがぐっと上がった」

どんなアマ球界であってほしい? 谷田「子供を安心して野球界に…」

――谷田は今後、高校や大学の指導はもちろん、子供ができれば野球をさせることもあり得る。どういうアマ球界であってほしいか。

谷田「今、こうした動きが出てきて、自分はこっちが合っている、こっちがいいと思う人がどんどん出てきたら勝手に良くなると思う。常に議論が行われていること自体がいいこと。ちょっと前はそれすらなかった。今後、悪いと思ったり、良いと思ったりすれば発言することが当たり前になってほしい。プロでもアマでも野球に限らず、すべてのスポーツでいろんな人が発言していろんな人が聞く耳を持って議論が行われ、良くしていこうという雰囲気の場所であれば、自分の子供を安心して送り込めると思う」

――こういう話題は野球部のメンバー同士で挙がることはあるか。

谷田「あまり話してない。今はみんな、自分のことで精一杯。後輩思いだったり、高校野球が好きだったりすれば話すけど。みんな知ってはいるので、聞かれれば自分の意見はあると思うけど」

内田「自分もつい最近までは自分が良ければいいと思っていた。でも、自分は社会人でクビになって野球を離れて思った。野球界がもっと良くなってほしいし、それを後世に伝えたいなって」

谷田「やっと健全になってきたよね、いろんなスポーツが。サッカーが良くなって、バスケバレーが良くなって、その中で野球が頑張りってしっかりとした立ち位置を確立できたら、凄くいい野球界になると思う。他が伸びて選択肢が増えたから野球人口が減っているけど、それは健全な競争。ここで野球界が頑張って良くなれば、もう一つレベルアップできる。遅かったか早かったかわからないけど、危機感を持てることは本当にいいこと。つい最近、神宮でプロ野球を見たけど、いいよね、野球って。球場に向かって屋外でライトついてワクワクして、中に入って『おお、凄い』って思えた。普段の生活では味わえない感覚だったから」

――内田は今後現役として続ける。NPBMLBに成り上がることを前提として、米国挑戦を今後のキャリアに生かしたいか。

内田「日本と米国の野球は文化も違うから違う点もあるけど、それを誰かに聞いた話をするのではなく、自分が感じて話すことに意味があると思う。なんとなく知識はあるけど、何が違うかは行ってみたら、理由ももっとわかってくると思う。今後の日本の野球が発展していく上で、どういう形かは決めていないけど、還元したいと思っている。この道を選んだ以上、一生野球に携わっていく人生なのは間違いない。何かしらで還元したい。特に人と違う経験の部分では」

谷田「そういう人が増えてくれば、絶対良くなるよね、野球界は」

(終わり)

◇内田 聖人(うちだ・きよひと)

 1994年3月1日、静岡・伊東市生まれ。25歳。伊東シニアで日本一を経験。早実高2年夏に甲子園出場し、背番号1を着けた3年夏は西東京大会で高山俊(現阪神)、横尾俊建(現日本ハム)らを擁する日大三に2失点完投も準V。早大では1年春に大学日本一を経験したが、3年時に右肘を故障。社会人野球JX-ENEOSに進んだが、故障の影響もあり2年で戦力外に。以降は社業に就き、天然ガスの営業マンを務める傍ら、個人で1年間トレーニングに励んで復調。今年2月から1か月間、米国でトライアウトに挑戦し、2Aクラス独立リーグ・キャナムリーグニュージャージー・ジャッカルズと契約。会社を退社し、NPBMLBに挑戦する。右投右打。

◇谷田 成吾(やだ・せいご)

 1993年5月25日、埼玉・川口市生まれ。26歳。東練馬リトルシニアから慶応高に進学。通算76本塁打を放った。甲子園出場なし。慶大ではリーグ戦通算15本塁打マーク。4年秋にドラフト指名漏れを味わい、社会人野球のJX-ENEOS入り。高校、大学、社会人すべてのカテゴリー日本代表を経験した。社会人3年目の18年3月に退社し、MLBトライアウトに挑戦。複数球団の調査を受けたが、契約に至らず。帰国後は四国IL徳島でプレー。昨秋のドラフト会議で指名ならず、引退した。一般企業20社以上から興味を示されたが、今年1月にIT企業「ショーケース・ティービー(現ショーケース)」入社。WEBマーケティングを担う。右投左打。(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

球数制限の是非について語った谷田成吾(左)と内田聖人【写真:編集部】