名探偵コナン」とリアル脱出ゲームコラボシリーズの最新作「リアル脱出ゲーム×名探偵コナン『紺青の美術館クルージングミュージアム)からの脱出』~名探偵(あいつ)を出し抜く共犯者(パートナー)にならないか?~」が開催される。全国31会場で行われ、東京会場は原宿ヒミツキチオブスクラップ6月28日10月27日に実施される。

名探偵コナン」を題材としたリアル脱出ゲームは、2013年から毎年開催され、シリーズ累計観客動員が100万人を超える人気シリーズ。完全オリジナルストーリーの新作「紺青の美術館からの脱出」は、参加者が怪盗キッドの“共犯者”となって、キッドから出される指令を遂行していく。今回キッドが狙う宝は、暗号を解き明かした者だけが目にすることができる宝石「“紺青の拳”の恋人」。宝が隠されている美術船「Seven Oceans」で、好敵手コナンや“世界最強の防犯システム京極真が待ち受けるなか、キッドの共犯者となった学芸員(参加者)がミステリークルーズを繰り広げる。

制限時間は60分(説明・解説を含めた想定所要時間は120分程度)で、1チーム最大6人が参加可能(参加推奨年齢は高校生以上)。前売り券は一般が3200円、学生が2900円、グループチケット(1~6人/1テーブル貸切)が1万8600円、「謎解きマジシャントランプ」が付属する特典付き前売り券は一般が5700円、学生が5400円、グループチケットが2万1100円、当日券は一般が3700円、学生が3400円、グループチケットが2万1600円。オリジナルグッズとして、脱出成功・失敗ステッカー、アクリルキーホルダー、クリアボトルなどが会場で発売される。

また東京・新宿バルト9、TOHOシネマズ新宿、大阪・TOHOシネマズ梅田には「我が敬愛する共犯者と共に、“紺青の拳”の恋人をお迎えに上がります」と書かれた怪盗キッドの予告状(黒板アート)が5月28日まで設置。JR新宿駅の改札内北通路には号外新聞風の巨大広告が5月26日まで掲出される。チケットや開催会場に関する詳細は、イベント公式サイトhttps://realdgame.jp/conan2019/)で発表されている。

全国31会場で開催 (C)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996