QS達成も味方の援護なく…6回に2者連続ソロ本塁打で勝ち越し許す

ブレーブス 5-2 カージナルス(日本時間25日・セントルイス

 2017年まで巨人でプレーしたカージナルスマイルズ・マイコラス投手は24日(日本時間25日)、本拠地ブレーブス戦で7回7安打3失点9奪三振と力投したものの、打線の援護がなく5敗目(4勝)を喫した。

 17日(同18日)の敵地レンジャーズ戦では、1回1/3を9安打7失点と大炎上していたマイコラス。1、2回と3者凡退に抑えるも、3回は先頭から3連打を浴びると、アクーニャのニゴロ併殺打の間に先制を許した。

 しかし、直後の攻撃でベイダーの適時三塁打が飛び出し同点に。4回は2死から二塁打を浴びるも無失点。5回も先頭マッキャンに内野安打を許したが、後続を断った。

 6回もマウンドに上がったマイコラスは、スワンソン、フリーマンと先頭から2者連続本塁打を浴び、勝ち越しを許す。その後、7回まで6打者連続アウトに仕留めたが、2点のリードを許したまま降板となった。

 カージナルスは8回にも救援陣が2点を失い、2-5で敗戦。マイコラスはクオリティースタート(QS、6回以上を投げて自責3以下)を達成したものの、自身2連敗となった。この日は104球を投げてストライクは69球。防御率は4.76となった。(Full-Count編集部)

ブレーブス戦で先発したカージナルスのマイルズ・マイコラス【写真:Getty Images】