リヴァプールからボーンマスにレンタル移籍中の元イングランド代表DFナサニエル・クラインの獲得に、国内外の複数クラブが関心を示しているようだ。24日にイギリスメディアスカイスポーツ』が報じた。

 2015-16シーズンサウサンプトンからリヴァプールに加入したクライン。最初の2シーズンはスタメンとして活躍していたが、背中のケガの影響とイングランド代表DFトレントアレクサンダー・アーノルドの台頭によって昨シーズンから出場機会を減らしていた。

 今冬のボーンマスへのレンタル移籍後はリーグ戦14試合に出場し、両サイドバックを務めるユーティリティー性で、負傷者続出によって厳しい台所事情となったチームを支えた。

 ボーンマスはクラインの完全移籍での買取を目指している模様だが、イングランド代表DFキーラン・トリッピアーの獲得に近付いているとされるナポリや、同U-21代表DFアーロン・ワン・ビッサカに移籍の噂が絶えないクリスタル・パレスウェストハムも同選手の獲得に関心を示している模様で、激しい争奪戦になることが予想される。

複数クラブが関心を示すクライン [写真]=Getty Images