オーストラリア・シドニー発のオールデイダイニング「bills」による、全日本空輸(以下、ANA)東京発ホノルル行き全線のエコノミークラスでの機内食が、2019年5月24日からスタートしました。(billANAコラボレーション機内食は2パターンで3か月ごとに入れ替え)

これを記念し、第一弾の機内食レストラン仕様にアレンジした「bills機内食スペシャルメニューを、日本国内全8店舗(七里ヶ浜、横浜赤レンガ倉庫お台場表参道二子玉川、福岡、銀座、大阪)で提供します。

期間は、2019年5月24日6月30日。空の上の食事を地上でも楽しめる、期間限定のメニューです。

インスタ映えも◎

bills初となるオリジナル機内食は、世界中のbillsで長年愛され続ける人気メニューをもとに、素材の味を活かし常に最新の食トレンドを提案するレストランターのビル・グレンジャーが考案したもの。

メインには、オーストラリアレストランやバーで親しまれ、billsでも長年提供している人気メニュー「シュニッツェル」をポークアレンジ。スモールプレートには、自家製のジャスミンティースモークサーモンを使ったサラダと、世界中の食からインスピレーションを受けるビルならではの、豆腐や味噌といった日本のフレーバーを活かした一皿が並びます。

ハワイに行く予定ないし...」という人は国内のbillsレストランへ。

機内食よりポーションも大きく、盛り付けもより華やかになったメニューを楽しむことができます。

メニューは3つで、以下の通り。

ジャスミンスモークサーモンサラダ-ジャスミンティーでスモークしたサーモン、枝豆ときゅうりサラダ1420円)

・味噌でマリネした茄子のソテー トマトケールのドレッシング青のりと豆腐のソース1320円)

ポークシュニッツェル-マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて(2100円)

提供時間は、ランチ、ディナー(11時~各店舗ラストオーダーまで)。

詳細は公式サイトから。

価格はすべて税別。