好きな女性とLINEで親密になりたいけど…

好きな女性とLINEで親密になりたいけど…
好きな女性とLINEを交換できたものの「話が盛り上がらない」「既読スルーされる」と悩んでいませんか?
次のステップに進むためにも、LINEで心の距離を縮めたいものです。
LINEを盛り上げて彼氏の座をゲットしましょう!

 

「もらってもうれしくないLINE」を知ろう!

「好きな人のことがもっと知りたい」「自分のことを知ってほしい」「話を盛り上げたい」と思って送ったLINEが逆効果になるケースもあります!

LINEはあなたの日記帳ではありません
おはよう!」「今から飲み会♪」「疲れた~」「今夜はこれを食べたよ♪」など、自分が何をしているのかを逐一報告するのはNGです!
興味をそそるような小ネタがあればまだしも、その日・そのときの出来事をだらだらと報告されても、相手は「で?だからなに?」としか思いません。

■「彼氏気取り」もNG
「今何してるの?」「誰と遊びに行ったの?」など、束縛ともとれるようなLINEを送っていませんか?
相手もあなたに好意を持っていたとしても「付き合ってもないのに、何なの?」と嫌がる女性もいます。
関係がそこまで発展していない場合は「え?ストーカー?怖いんだけど…」と警戒される恐れもあるため、注意が必要です。

 

LINEを盛り上げるコツ

「じゃあ、一体何を送ればいいんだ!!」という人のために、LINEを盛り上げるコツを紹介します♪

■質問は「適度に」がポイント
自分から話題をふるのが苦手な女性もいます。
ときどき質問を挟むことで、相手も返事がしやすくなりますよ!
ただし、質問攻めはNGです。
心の距離がまだ縮まっていないうちは、踏み込んだ質問も控えたほうがよいでしょう。

そして、質問を挟む際にはLINEの流れを読むことも大切です。
例えば、さっきまでご飯の話をしていたのに、いきなり「いつから彼氏いないの?」という質問を挟むと会話のテンポが悪くなります。
恋バナがしたいなら、恋愛系の映画やドラマの話題から質問を展開すると自然です♪
そのときの話題にあった質問を少しずつ挟んで、LINEを盛り上げましょう!

■興味がありそうな話題をふる
「おもしろいネタがあったぞ~♪●●ちゃんに報告しよう♪」とウキウキしながらLINEを送っても、相手が興味をしめさなければすぐに会話が終わってしまいます。
好きな女性の好きなものや趣味などをリサーチして、興味がありそうな話題をふってあげることが大切です!

■短文で「コミュニケーションを楽しむ」♪
メールに慣れている中高年男性ほど、LINEのボリュームも長文になりがちです。
長文のほうが心がこもっていて丁寧な感じがするかもしれませんが、LINEの醍醐味は「リアルタイムコミュニケーション」です♪
短文でこまめにやりとりをすることで、顔を合わせて会話をしているときと同じような感覚でコミュニケーションが楽しめますよ!

ただし、一方的に短文を連投するのはNGです。
短文の連投は急かしているようにもとれるため、相手の反応を見ながら会話を展開しましょう!
最初は簡潔なLINEで様子を見るとよいですよ。

■気遣いを忘れずに!
LINEを盛り上げることに集中しすぎると、結果として自分本位になってしまうこともあります。
コミュニケーションを楽しむことも大切ですが、相手への「気遣い」を忘れてはいけません!
「おもしろい返事をしよう」とばかり考えず「気をつけて帰ってね」「お疲れ様♪」「ゆっくり休んでね」「そろそろ寝ないで大丈夫?」など、そのときに応じて相手を気遣うフレーズを挟みましょう。
「思いやりのある人なのかな」「大切にしてくれそう」と思ってもらえたらこっちのものです♪

 

相手を思いやってLINEを楽しもう!

LINEの内容一つで相手に与える印象も変わります。
LINEでのやりとりも思いやりの気持ちを忘れずに、コミュニケーションを楽しみましょう!