チコちゃん

24日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマのひとつ、「なぜ大阪のおばちゃんは派手?」の調査結果に注目が集まっている。ヒョウ柄などのアニマルな模様の服を着るイメージの強い大阪のおばちゃん。そのルーツ江戸時代にあった。

 

■元禄文化の誕生で庶民も派手に

気になるチコちゃんの回答は、「将軍様の言うことを聞かなかったから」という。大阪のおばちゃんが派手なのは、江戸時代からはじまったようだ。

江戸時代になり経済が豊かになり、庶民も余暇を楽しむことができるようになり、文芸や学問、芸術分野が発展。歌舞伎浮世絵といった華麗な元禄文化が生まれた。

庶民たちは、歌舞伎役者の着物や髪型、化粧を真似することが多かったようだ。着物が派手になり、自由におしゃれをするのが流行したという。

 

■天保の改革によって質素に逆戻り?

しかし、江戸幕府の出した経済政策「天保の改革」の中には倹約令が含まれており、ぜいたく品は取り締まりの対象に。結果、日本中の女性は派手な身なりから質素になってしまった。

しかし、大阪は日本の中でも唯一変わらなかった町であったという。大阪は天下の台所とも呼ばれ、町人に勢いがあったため、権力に対する反骨心が強かったという。

大阪の女性たちは、着物の裏地や下着といった表からは見えない部分を派手にすることで、将軍に反対の意を表していたようだ。その反骨心や隠れてでも派手な服装をしていたことが、今の派手なおばちゃんに繋がっているのではないかと解説した。

■反骨心を評価する声

将軍の言うことを聞かないという反骨精神が強い理由にツイッターでは「かっこいい」「すごい」との声が多く集まった。

 

■大阪府民はおばちゃんをどう思う?

テーマとなった大阪のおばちゃんのことを大阪府民はどう思っているのだろうか。しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,349名に「おばさんのことをどう思うか?」の調査を実施したところ、全体の54.1がおばちゃんを好きではないと回答した。

おばさんをどう思う大阪府グラフ

「大阪のおばちゃん」とコンテンツとして出来上がっているが、地元で好かれているわけではないようだ。

今回のテーマのような別番組では取り扱わないようなテーマにも取り組むチコちゃん。今後も特徴的なテーマの調査に期待したい。

・合わせて読みたい→なぜ猫は魚好きなのは日本だけ? チコちゃんの答えは「生類憐れみの令」との関連も

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年12月14日2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1664名 (有効回答数)

「大阪のおばちゃんはなぜ派手なのか」をチコちゃんが解説 ルーツは江戸時代にあった