モンベルの定番山岳テントが2019年春夏に大幅アップデート。生地を一新することでより軽量に生まれ変わった。軽量、コンパクトで悪天候に強い山岳テントはソロキャンプや野外フェスにも最適だ。今回アップデートされた山岳テント3モデルを紹介。

mont-bell「ステラリッジ テント1(本体) 」 ¥29700

モンベルの山岳用テントの代名詞とも言えるフラッグシップモデルステラリッジ テント」。本体にわずか10デニールという薄さの高強力ポリエステルを採用するなど、本体とフライ(別売)に新開発の生地を使用することで、より剛性と軽量性を高めた。

また、設営方法をスリーブ式から吊り下げ式に変更。強風時の設営も容易になっている。

mont-bell「ステラリッジ テント1 レインフライ(オフホワイト)」 ¥12420

1人用の1型から6型まで豊富なサイズが用意されていて、総重量は1型で1.34kg。別売りのフライは4つのカラーが用意されていて、好きなカラーを選べるのもうれしいところだ。2019年冬発売予定のスノーフライを使うことで冬季にも対応する。

mont-bell「マイティドーム1」 ¥57132

軽量・コンパクトシングルウォール構造のテント「マイティドーム」も進化を遂げた。素材には防水透湿性と通気性を備えたブリーズドライテック プラス3レイヤー生地を採用。水の侵入を防ぎながら、テント内の蒸れを効果的に放出し、テント内を快適な状態に保つという。

山岳用としてだけでなく、自転車やカヌーツーリングでの使用も視野に入れて作られている。3シーズン対応で、1型、2型の2パターン。総重量は1型で1.25kg。

mont-bell「ルナドーム 2型」 ¥49680

「ルナドーム」は、ルーミーな2人用山岳テント。側面がほぼ垂直に立ち上がる独自のフレーム構造で、圧迫感の少ない広々とした居住空間を実現。さらに前室とドアが長辺側にあるなど、居住性を犠牲したくない人におすすめのテント。

本体生地には「ステラリッジ テント」と同じわずか10デニールという薄さの高強力ポリエステルを使用することで、総重量を1.76kgに抑えている。


(問)モンベル・カスタマー・サービス tel:06-6536-5740 https://www.montbell.jp/

 

GO OUT WEB