暴投→捕手が“キック”→悪送球で2者生還でサヨナラ負け

 米大学野球で起きた悲惨すぎるサヨナラ負け。オーバーン・タイガース-LSU(ルイジアナ州立大学)の一戦で起こった衝撃的な幕切れが、米で大きな反響を呼んでいる。

 この一戦が行われたのは、23日(日本時間24日)に行われたSEC(サウスイースタン・カンファレンス)トーナメント3回戦。“悲劇”は最終回に待っていた。オーバーン大の1点リードで迎えた9回1死二、三塁のピンチ。勝利まであと2死としたところで、あまりに“残酷”な結末が待っていた。

 左腕ブルックス・フラーの変化球はワンバウンドに。捕手のマットシェフラーが必死にこれを止めるも、足元に落ちたボールを見失った。焦ってボールを探したが、ここであろうことか、ボールを足で蹴っ飛ばしてしまった。一塁方向へとボールが転がったが、これにシェフラー捕手は気づかず。

 三塁走者が生還し、同点に。一塁手ボールを拾いにいっったが、今度は本塁を阻止しようと投げたボールが悪送球に。三塁ファウルグラウンドにボールが点々とする間に、二塁走者まで一気に生還してサヨナラとなった。

 この幕切れを、勝ったLSUの公式ツイッターが動画で公開すると、猛烈な再生回数を記録。公開から1日が経ち、実に245万回も再生されている。動画内の実況も「ボールが見つかりません! 同点だーーー! さらにLSUのサヨナラ! オーーーマイグッドネス! 何が起こったのでしょう」と大絶叫するほどで、その衝撃度を表していた。(Full-Count編集部)

米大学野球で悲劇的すぎる幕切れ(画像はスクリーンショットです)