5月24日に、小池百合子東京都知事が公開した猛暑対策の「かぶる傘」が反響を呼んでいる。
傘の持ち手の部分がなく、帽子のようにかぶるなんともシュールな姿にネットではツッコミが殺到。
ホリエモンこと堀江貴文さんは、共同通信ニュース記事に

なんでこうなる。。

ツイートを行っていた。

また、芸術ユニット明和電機」の土佐信道社長は、ニュース記事に対し

「やっぱ、日本人っておもしろいわー」と外国人を喜ばすには、大成功のプロジェクト

ツイートし、次に、傘の部分を切り取って自分の写真とコラージュした画像をアップ


そして、2017年9月の「光る下駄」を履いた写真とコラージュした画像をアップし、

光る下駄と組み合わせたら完璧。

ツイートを行った。

なんともツッコミ要素のある画像、反響を呼び

「傘の柄は、ライトセーバーにして背負うか腰に差したらいかが!」
「地球がピンチになった時、救ってくれそう感がハンパない!」
「かぶり傘がソーラーパネルになっていれば完璧ですね!」
「さすが、明和電機さま。 お仕事が早い!! 都知事様へ、企画書を早く……… 」

といったような返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
小池都知事公開の猛暑対策「かぶる傘」にツッコミ殺到 明和電機・土佐信道社長「光る下駄と組み合わせたら完璧」