世代を超えて現在も愛される大人気キャラクターを鬼才ティム・バートン監督がオリジナル脚本で実写映画化した『ダンボ』のMovieNEXと4K UHD MovieNEXが登場!

2019年7月3日(水)より先行デジタル配信開始、7月17日(水)にMovieNEX、4K UHD MovieNEX、さらにブルーレイDVDレンタルスタートします。

 

実写映画『ダンボ』MovieNEX & 4K UHD MovieNEX

 

 

発売日:2019年7月17日(水)

商品名・価格:
ダンボ MovieNEX』/4,200円(税抜)
ダンボ4K UHD MovieNEX』/8,000円(税抜)

販売店舗:全国のDVD取扱店、Amazon、楽天市場など

先行デジタル配信開始日:2019年7月3日(水)

ウォルト・ディズニーが手がけた、世代を超えて愛され続ける名作アニメーションダンボ』を、「シザーハンズ」や「チャーリーチョコレート工場」、そして『アリス・イン・ワンダランド』などで、強い個性を持つキャラクターたちを独特なストーリー展開で描いてきた、鬼才ティム・バートン監督が見事に実写映画化!

ティム・バートン監督が、オリジナル脚本で贈る新たな感動のファンタジーアドベンチャーダンボ』が、20197月3日(水)より先行デジタル配信がスタート2019年7月17日(水)にMovieNEXと4K UHD MovieNEXで発売されます☆

 

ダンボ MovieNEX

 

 

ダンボの物語”だけでなく、ダンボとの出会いにより夢と希望を取り戻していく“家族の物語”として、子供から大人まで楽しめる作品。

また、言葉を話さないダンボの繊細な感情を表現するために、表情や細かな仕草にこだわり抜き、見事に表現された愛らしいダンボの魅力が満載です!

本物の象のようなリアルなボディは、アニメーションチームによって、滑らかな肌、柔軟な筋肉、脂肪の揺れなどを加え、質量を感じるように仕上げられ、さらに、“耳が大きすぎる”という個性から周りに馴染めなかったダンボが、人間たちの愛情とサポートを受けながら、母のために人間たちのために一歩を踏み出す姿が多くの人に勇気と感動を与え、ディズニーを代表するファンタジーアドベンチャーとなりました。

 

ダンボ 4K UHD MovieNEX

 

また、ダンボを中心に豪華キャストも集結。

戦争から帰還し、ダンボや2人の子供たちの成長を見守りながら物語を導いていくキーマン、ホルト役に「マイアミ・バイス」で一躍人気となり、「ファンタスティック・ビースト魔法使いの旅」でも話題となったコリン・ファレル、「007カジノ・ロワイヤル」でボンドガールを演じ、バートン監督作品「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」にも出演したエヴァグリーン、「ビートルジュース」、「バットマンシリーズマイケル・キートンや、「バットマンリターンズ」や「ビッグフィッシュ」などバートン監督作品に欠かせないダニー・デヴィートなど、バートン監督が信頼する豪華キャストたちの名演も心に響きます。

さらに、ホルト役の日本語吹替え版は、数多くの映画やドラマで大活躍の俳優の西島秀俊さんが熱演、これまでも多くのアーティストカバーするなど世界中で歌い継がれてきた名曲「ベイビーマイン」を竹内まりやさんが歌い、大きな話題となりました。

 

ダンボ シーン2

 

“大きすぎる耳”を持つ子象の「ダンボ

引き離された母を救うため、サーカス団の家族の力を借りて新たな一歩を踏み出していきます。

自分のため、母に会うため、大事な仲間を救うための、「ダンボ」のひとつの勇気が、自分を、まわりを動かしていく感動作です!

 

ティム・バートン監督 インタビュー映像

 

 

ティム・バートン監督のインタビュー映像も解禁されました!

アニメーション版の大ファンだというバートン監督は、人々から愛される名作映画『ダンボ』のイマジネーション豊かで広がりのあるアニメーションの世界を利用しながら、実際のセットや小道具、特殊効果、視覚効果を巧みに使用し、全く新しい実写のファンタジーアドベンチャーに仕立て上げました。

バートン監督は「ダンボ」について「周囲になじめない悩みや欠点を、美しさに変えていく前向きな気持ちなど、いろんな思いがつまっているんだ」と想いを語ります。

 

ダンボ シーン

また、「人間たちもどこかダンボと似ているね。ホルトも子供たちも周りになじめず悩んでいる」と話すように、新たな物語として作り直されただけでなく、コリン・ファレル演じるホルトやその子どもたち、そしてエヴァグリーン演じるコレットなど、人間たちのキャラクターを物語の中心に据えることで、「ダンボ」と一緒に成長していく彼らの姿が描かれているのです。

さらにバートン監督は「登場人物全員が似た悩みを持ち、それぞれ違う形で向き合っている。そのテーマおとぎ話風に表現されるところがすばらしい」と、作品の魅力を明かしてくださいました。

また、MovieNEXデジタル配信で何度も見てもらいたいお気に入りのシーンについて聞かれると、笑いながら「無いね」と即答!

「映画というものは、観客に自由に楽しんでもらうものだ。それぞれ好きなところを観客自身が見つけるべきだよ」と、バートン監督らしい言葉でその理由を説明しています。

 

MovieNEXには、“ようこそ!サーカスの世界へ”や“メイキング・オブ『ダンボ』”、“アニメーション映画ダンボ』へのオマージュ”、エンドソングベイビーマイン」を担当したアーケイド・ファイアミュージックビデオなど、貴重なボーナスコンテンツが多数収録(デジタル配信(購入)にも一部収録)。

また、デジタル配信(購入)には限定で、作中の魅惑的な「ドリームランド」のシーンを解説した“「ドリームランド」へようこそ!”が収録され、MovieNEXでもデジタル配信でもそれぞれのコンテンツを楽しむことができます。

実写映画『ダンボ』は、2019年7月3日(水)より先行デジタル配信がスタートMovieNEX、4K UHD MovieNEX2019年7月17日(水)より全国のDVD取扱店、Amazon、楽天市場などで発売です☆

Copyright © 2019 Dtimes All Rights Reserved.

ダンボ MovieNEX