ワラビ採りに出かけた主婦二人組が山中で惨殺された不可解な事件があった。現場に残されていたメモが余りに奇妙な内容だったため、事件から40年たった現在でも、度々ネット上で話題に上がっている。しかし、有力な情報も得られないまま、捜査は難航し、1994年5月24日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 1979年5月23日京都府長岡京市内にあるスーパーパートをしていた当時43歳のAさん(仮名)と当時32歳のBさん(仮名)は、この日一緒に近くの山にワラビ採りに行くことを決めていた。午前10時頃、午前6時からの仕事を終えた二人は、自転車を使用して近くの山にワラビ採りへ出発。しかし、二人は夜になっても帰宅することはなかった。

 同日夜、帰宅しない妻を心配したBさんの夫は、一人で山に捜索に向かうも発見できず、翌24日の午後2時50分、向日町署に捜索願を提出。警察官や地元消防団など、計100人以上が集まり、警察犬3頭も合わせて捜索にあたったが、25日に二人は遺体で発見された。

 見つかった二人の遺体の損傷は激しいものだった。Aさんは肋骨を骨折し、肝臓は破裂、体内からは犯人のものと思われる体液が検出され、殴打の跡は30か所以上にも及んでいた。Bさんは更に酷く、50か所以上も殴打の跡が残されていた。包丁が体に突き刺さったままの状態で、下着は引き裂かれ、首は絞められた跡がくっきりと残されていた。

 警察は包丁を調べてみたものの、指紋は検出されず、販売ルートも不明。ただ、犯人の血液型がO型であることは判明している。しかし、血液型以外犯人に繋がる手掛かりは見つからず、犯人を特定することは出来なかった。

 そして、この事件の謎を深める奇妙なメモが発見された。Aさんのジーパンのポケットから「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と走り書きされたメモが見つかったのだ。

 筆跡鑑定の結果、Aさんの文字であることが判明したと、1979年5月28日中日新聞が報じた。更に、同記事では、Aさんがメモを書く隙があったことから、犯人は一人。犯人はBさんを暴行している最中に、Aさんに対して“逃げたらお前を殺す”と脅し、その後に、Bさんを殺害。Bさんが暴行されている傍で、ばれないように、Aさんはメモを手のひらで隠しながら書き、「オワレている」という文面は、Aさんが隙を見て逃げ出し、メモをどこかに落として誰かに見てもらおうと考えていた事を表すと、警察が断定したと報じた。

 1994年の時効を迎える前、この事件から5年後に起きた別の殺人事件が、何らかの関連があるのではないかと噂された事もあった。

 同市の当時48歳の主婦Cさんが殺害された事件だ。1984年5月15日、Cさんの自宅が出火し、焼け跡から刺殺されたCさんの遺体が発見された。警察が、この事件とAさんとBさんが殺害された事件の関連性を調べていたことが判明。その事から、「二人のパート仲間であるCさんもワラビ採りに出かけていた」「二人より早く帰宅したから難を逃れたが、真犯人に殺された」などの噂がネット上で流れた。

 しかし、1984年5月16日毎日新聞の記事によると、Cさんは二人とは別の工場のパートをしていたと報じられているため、二人と面識があったのかは謎である。なお、Cさんの事件の犯人も、AさんとBさんの事件の犯人もいまだに捕まっていない。

 2つの事件に関連性はあるのか、猟奇的な殺人を犯した犯人の目的は一体何だったのか。野放しになっている真犯人はどこで何をしているのだろうか。

画像はイメージです