湘南DF鈴木、U-20W杯メキシコ戦に向けて闘志 「歴史に残る成績を残したい」

 初戦のU-20エクアドル戦で引き分けたU-20日本代表は、26日の第2戦でU-20メキシコ代表と対戦する。強敵との一戦が迫るなか、DF鈴木冬一(湘南ベルマーレ)は、相手のエースFW封じに「止めるのは相当難しくなるけど、負け腰になるつもりはない」と語りつつ、「歴史に残るような成績を残したい」と今大会での成功に意欲を燃やした。

 U-20日本代表は初戦のエクアドル戦を1-1のドローで終え、グループリーグ突破へ貴重な勝ち点1を手にした。一方、同グループイタリアメキシコの一戦は、拮抗した展開のなかで後半に勝ち越し弾を奪ったイタリアが勝利。次戦で戦うメキシコは最下位という状況で日本戦を迎える。

 今季、長崎総合科学大学附属高から湘南に加入した鈴木は、右のウイングバック(WB)を中心に多くのポジションを経験。U-20日本代表にはこれまでほとんど呼ばれる機会はなかったが、「こうやって湘南ベルマーレで試合に出させてもらって、それを表現できたからこその結果としてU-20日本代表に選ばれたと思う」とギリギリでメンバー入りを果たし、今大会の切符を手にした。

 初戦のエクアドル戦では出場機会を得ることはなかったが、「少しでもチームのためにという思いでやっていたので、ちょっとはチームを盛り上げたり、みんなのメンタルを支えることはできたと思う」と笑顔を見せた鈴木。一方で、第2戦に向けて「次の試合に出れば僕にとっての初戦になる。緊張は多少あると思うが、それに負けないようないつも通りのプレーができればチームに貢献できると思う」と意欲を燃やしている。

昨年A代表デビューのFWライネスを封じる鍵は? 「負け腰になるつもりはない」

 そんな鈴木が最も警戒を強めているのが、メキシコ代表の18歳FWディエゴ・ライネス(ベティス)だ。昨夏にA代表デビューを果たし、今年の1月にはリーガ・エスパニョーラのベティスへ移籍。すでにリーガで得点も挙げており、今大会屈指のタレントとして注目されている逸材に対し、サイドで対峙する可能性のある鈴木はエース封じのポイントを説いた。

「(ライネスが)スペインに移籍してからプレーちょこちょこ見ていたりするし、ああいう選手とやりたいなという気持ちの方が強い。日本人の選手ではなかなかいないタイプだと思う。止めるのは相当難しくなると思うけど、とはいえ負け腰になるつもりはない。今までやってきたことをそのまま出すだけ。そこは自分に自信を持って戦いたいです。とりあえず粘り強く、飛び込まない。粘り強さが勝利の鍵になると思っています」

 湘南で大きく成長を遂げている男は、相手のエースFWという大きなミッションに挑むことになるのか。決戦の日まであとわずか。鈴木は「自分のいつもの力を出せるような準備をしていく」ことで、その時を待つ。(林 遼平 / Ryohei Hayashi

U-20日本代表のDF鈴木冬一【写真:林遼平】