トラベルシリウスとテイツーは4月7日鳥取県倉吉市ホテルグリーンスコーレせきがね」に約20万冊のマンガが読めるサービスふるいち 関金温泉まんが王国」をオープンさせた。VRで360度動画の観光案内を提供予定ということもあってPANORAでも現地を取材したが、さらに5月11日には東京・新橋にある鳥取館でもオープニングセレモニーが開催された。

 

ふるいち 関金温泉まんが王国では、ホテル内の通路や宴会場などに本棚を敷き詰め、約26万冊の蔵書のうち約20万冊を読める状態として提供している。利用料は、日帰りが温泉・フリードリンク付きで12時1000円、宿泊が5000円からとリーズナブルだ。

 

同施設内では、インターピアの業務用VRソリューション「KANTAN VR」を活用して観光案内を行う予定。

 

テイツーは、本/ゲーム/CD/DVDなどの中古品・新品を扱う「古本市場」を事業展開する企業。同社の代表取締役、藤原克治氏が施設のコンセプトなどを説明したうえで、館内の動画を流しながら生アフレコで魅力を解説していた。その読み上げ方が若干(?)棒読み気味で、会場の笑いを誘っていた。

 

古本市場の公式キャラクターで、関金温泉 まんが王国でも随所にあしらわれている「ふるもと一葉(いちは)」ちゃんのキャラクターボイスを担当する声優・日岡なつみさんもセレモニーに参加。

 

集まったファンを前にして、鳥取県の観光案内のビデオを見ながら、クイズ大会を実施。例えば、鳥取の冬を代表する海の味覚「マツバガニの足は何本?」という問題(正解は10本)では、「私、かにみそがめちゃくちゃ好きなんです。食べたいよー。社長にお願いしましょう」と攻めのコメントして、会場を笑わせていた。

 

その後、現地オープニングセレモニーのニュース映像をみんなで鑑賞。「ぜひ現地に来てオタクライフを楽しんでほしい」と司会に話を振られると、日岡さんは「そういう旅もいいなと思います。いろいろな場所を回るのも楽しいですが、遠くまで足を伸ばしたのに、マンガ漬けになるという旅行もたまにはあってもいいのかな」と返していた。

 
 
●関連リンク
イベントページ
ふるいち関金温泉まんが王国店
日岡なつみさん
グリーンスコーレせきがね

声優・日岡なつみさんも参加 「ふるいち×関金温泉 まんが王国店 オープニングセレモニー」レポート