【元記事をコミックナタリーで読む】

原泰久原作による映画「キングダム」の“超大ヒット舞台挨拶”が、本日5月25日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた。

【大きな画像をもっと見る】

イベントには信役の山崎賢人、政役と漂役の吉沢亮、王騎役の大沢たかお佐藤信介監督が登壇した。封切りから昨日5月24日までの36日間で観客動員350万人、興行収入47億円を突破したという報告を受け、山崎は「がんばって撮影してよかったです。皆さんに(気持ちが)届いたんだなと思うとうれしい」と喜びをあらわに。吉沢も「撮影中にプロデューサーや賢人と『50(億円)はいくでしょ!』って軽い気持ちで話していたら、現実になりそうで『マジか』と思っています」と続ける。大沢も「そうなってほしいとは思っていたけど、50(億円)という数字はめったにない。この映画のテーマのように、夢って思っていれば叶うんだなって思いました」とコメント。佐藤監督の元にも多数の感想が寄せられているようで、「昔の知り合いの人とかから長いメールをいただいたりするのが、今回は多くて。日夜お返事を書いたりする日々を過ごして幸せでした」とヒットの喜びを噛み締めた。

その後会場は、この日のためにツイッター上で募集していた質問に回答することに。一番好きなシーンを尋ねられると、山崎は信と漂が修行する場面をセレクトし、「何回も練習するうちに、うまくなっていったけど硬くなっちゃって。積み上げたものを一回全部忘れて楽しもうという気持ちで演じました」と回想。一方吉沢は苦労したシーンについて咸陽に攻め入る場面を挙げ、「走りながら敵を斬るシーンは冗談抜きで20テイクぐらい撮ってるんです。酸欠でぶっ倒れるんじゃないかってぐらいがんばったんですけど、結局2テイク目を使われるっていう」と苦笑する。

「挫折しそうなときはどうするか」という話題の際に、「(本作での)肉体改造が大変だったのでは?」と司会者から問われた大沢は、「そんなことないですよ。賢人なんかは(役に合わせて)10kg痩せていて、そっちに感動したくらいです。僕はちょっと大きくすればいいだけですから」と謙遜。これに対し山崎が「それで17kg(増やしているん)ですよ。びっくりです」と称賛した。

また「盛大にやらかしてしまったNGは?」という問いには、山崎が「(橋本環奈演じる)河了貂を『テン!』って呼ぶのに、なぜか『カン!』って言っちゃったんです。大事なシーンで」と回想。一方、吉沢は思いつかないようで「ありましたっけ、監督?」と質問。「俺優秀なんすよね、あんまりNGとかは……」とおどけてみせた。

最後に「夢を叶えるために必要なことは?」と聞かれた山崎は「好きという気持ちと、覚悟と、信と漂の“1万回の修行”じゃないですけど努力するのが大事なのかな」、吉沢は「努力するのは当たり前ですけど、ほかのものを犠牲にできるかということですかね」と回答。そして山崎は「最高のキャストスタッフで作り上げた『キングダム』が皆さんと熱を共有して、どんどん前に進んでいけているのがうれしいです。また皆さんと会える日を楽しみにしています」と呼びかけた。

※山崎賢人の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム製作委員会

「キングダム」“超大ヒット舞台挨拶”にて、左から大沢たかお、山崎賢人、吉沢亮、佐藤信介。