5月23日放送のフジテレビ系『VS嵐』に出演した嵐・櫻井翔らがメンバーでの食事会について語り、そのエピソードネット上では反響が起きている。

【別の記事】嵐・櫻井、メンバーとの食事に使われる”嵐システム”を告白

今回は嵐の対戦相手として、『M-1グランプリ』で3年連続2位となった和牛が“各大会の2位を取ったメンバー”を集めた“チームセカンド”が登場。さらに嵐チームには“プラスワンゲスト”としてHey! Say! JUMP中島裕翔知念侑李が参加し、様々なゲームを繰り広げた。

その中で、グループメンバーとの食事についてのトークが展開されると、相葉雅紀は「翔さんが取ってくれたお店に皆で行ったよね」と、ツアー初日に嵐のメンバーで食事会を行ったことを明かした。

その日、あんこう鍋のお店にメンバーを誘ったという櫻井は「俺もさ、みんながそれ(あんこう鍋)を食いたいかどうかは知らんから、戦々恐々としてるわけよ」と回想してスタジオを笑わせると、「行けたら行きたいです」「行きましょう」とメンバーから次々に返事が届いたため、すぐに店の予約を取ったというエピソードを語った。

また、二宮和也が生魚を好んで食べないため寿司屋を食事会の選択肢からは省いていることや、それに対して二宮が“茶碗蒸しを食べるから寿司屋でもいい”と話していることなども明かされ、食事に関するお互いへの気遣いを覗かせた。

ネット上ではこれらのエピソードに「メンバーの心遣い」「ほっこりする」「こういう話を聞くのがファンにとって幸せ」「思いやりが溢れる」「メンバー愛が見えていい」「優しい嵐の事が知れて嬉しかった」と多くの反響があった。