6人組ガールグループ・東京パフォーマンスドール(通称・TPD)の年長組メンバー・櫻井紗季が、桜蘭楼の遊女・市松役で出演する舞台「赤と黒 サムライ・魂」が5月25日東京国際フォーラムホールCで初日を迎えた。

【写真を見る】かつらを装着するとますますビューティフル…! 和装美人な櫻井紗季

そんな大舞台の本番前、櫻井がオフィシャルSNSを更新し、かつら装着前のシュールなデコ全開“羽二重SHOT”をアップファンメンバーから注目を集めている。

櫻井が出演する舞台「赤と黒 サムライ・魂」は、「平成」から「令和」へと、新しい時代を迎える今、“サムライ・イズム”を継承する、この時代にふさわしい本格時代劇

里見浩太朗京本政樹大御所俳優と、越岡裕貴(ふぉ~ゆ~)、福士申樹(MADE/ジャニーズJr.)ら次世代のさらなる活躍が期待される若き俳優たちが、生の時代劇のすごさ、素晴らしさを披露する。

日本の文化を印象付ける三味線や太鼓による音楽や、時代劇に欠かせないサムライたちの殺陣を盛り込み、サムライたちの生き方やさまざまな人間模様をドラマチックに描く。

櫻井にとってはグループを離れて単独としては初の舞台出演となる本作。東京国際フォーラムという大舞台であることはもちろん、大御所から若手実力派まで幅広い世代の俳優が多数出演する作品とあって、確実に大きな経験となりそうだ。

大勢の観客が詰め掛けた上演初日、櫻井は市松を堂々と演じてみせた。越岡扮(ふん)する駒之助との“見せ場”のシーンでは客席もどっと沸き、なぜか一部から温かな笑いが起こる場面も。

そのことについて、終演後本人に直撃すると「そうなんですよ! 何ででしょうね…?(笑) たぶん、越岡さんのお人柄なんだと思います」と“いさきスマイル”を見せてくれた。

ちなみに時代劇ならではの所作や殺陣など稽古を重ねただけあって、見事に市松を体現しており、随所に彼女らしいキュートさを見せる場面も。

■ 櫻井紗季とは?

そんな櫻井は1997年3月8日まれの現在21歳、山口県出身。高嶋菜七、上西星来と共にTPDの年長組「ババ3」の1人で、“いさき”の愛称で知られるメンバー

2018年には髪形の影響もあり「クレオパトラいさき」や“熟女将”などの愛称でも知られるように。

また、ワンマンライブなどでは、ユニット・ぐーちょきぱーの歌を“歌い継ぐ者”として浜崎香帆や橘二葉、時に脇あかりの“客演”を迎え、元気いっぱいのパフォーマンスを繰り広げてきた。

現在は、上西と共に「俳句さく咲く!」(NHK Eテレ)にレギュラー出演中だ。

そんな櫻井が、初日舞台の幕が上がる前にオフィシャルSNSを更新。「舞台 #サムライ魂 初日 いよいよ待ちに待った舞台です! お客様に楽しんで頂けるように頑張ります!! 昔から似合うって言われる髪型がこれ笑 わっきーとお隣」とつづり、羽二重で髪の毛ほぼほぼすっぽり収まった顔面強調SHOTアップ

これにはファンから「可愛い!小坊主さんみたい(笑)」「美形すぎてビビる」「似合ってるやん もはや髪型ではないけどね(笑)」「髪の毛で誤魔化しようがないのに可愛い」といった声が。

また、TPDメンバーからも「さきちゃんのおでこ(ハート)」(脇)、「それにしてもすごい写真を載せたね いーちゃんよ」(上西)、「可愛いwww」(浜崎)と、TwitterInstagramストーリーズなどにツッコミが上がっている。

■ 舞台&ミュージカルでTPDメンバーが活躍

TPD×舞台といえば、現在、末っ子・橘が東京・中目黒キンケロシアターにて上演のダンスコメディーミュージカルREizeNT~霊前って…~」に出演中。

こちらは橘にとって“師匠”であり“母”的存在の林希を筆頭に、個性豊かなキャストが勢ぞろいのコメディーで、ネタが豊富過ぎて何度も見返したくなるクセになる作品だ。

さらにサブリーダー・浜崎が、6月1日(土)の神奈川・相模女子大学グリーンホールでのプレビュー公演を皮切りに上演されるミュージカル「リューン~風の魔法と滅びの剣~」で、エルカを演じることも決まっている。

個々の活動だけでなく、TPDとしては6月12日(水)に8thシングルSUPER DUPER」をリリース6月16日(日)には結成6周年とCDデビュー5周年を記念した、アニバーサリーライブ「東京パフォーマンスドールThe 6th Anniversary ダンスサミット」を渋谷ストリームホールにて行う。(ザテレビジョン

デコ全開SHOTでもキュートな櫻井紗季