とにかく暑い。昨年は各地で40度前後に達し、熱中症による死者が出るなど歴史的な猛暑となったが、今年も5月にして、すでに汗ばむ陽気となった。さらに、大雨が降ったかと思えば、翌日には30度を超える「真夏日」にまで気温が上昇するなど日によって気温差も激しい。

ユニクロ
※画像はイメージです
  今年入社したばかりの若手社員や、炎天下に外回りする営業マンにとっては、体調管理に気をつけなければならず、つらい時期だろう。

 そんな体温調整が難しい時期こそ、うまく小物を駆使したり、外出前に一枚多く羽織るなどファッションには気をつけたいもの。

 今回は、若者にも人気が高いユニクロで、20代が買うべき夏物ベスト3を『ユニクロ&ツープライススーツの上手な使い方』(WAVE出版)などの著書がある森井良行氏に教えてもらった。

ユニクロで20代が買うべき夏物ベスト3は?

 そもそも、「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングといえば、国内では「ジーユー(GU)」ブランドを展開するほか、 中国や韓国などアジアでも出店を拡大するアパレル企業だ。その時価総額は、世界的ブランドH&MやGAPを抜き、インディテックス(ZARA)に次ぐ、世界第2位に位置している(2018年8月末時点)。

 4月11日に同社が発表した第2四半期連結累計期間の連結業績も、売上収益は1兆2676億円(前年同期比6.8%増)、営業利益が1729億円(同1.4%増)と増収増益と、過去最高値を更新した。

 その店舗数も直営店、フランチャイズ含め国内だけで825店舗を数える(2019年2月末時点)。しかし、この4月は、例年より気温が低かったことで夏物需要が減速し、既存店売上は前年同期比で、1.6%の減収となった(Eコマース合算)。

 とはいえお手頃な価格帯で、デザインもすっきりしていることから、20代の若い読者でも挑戦しやすい。以下に、ユニクロ20代が買うべきベスト3を紹介するので、ぜひチェックしてほしい(画像はオンラインショップより)。

3位:セレブレイト ミッキー UT

ユニクロでよく見かける、ミッキーシリーズ。なかでも今季は白・黒のモノトーンボーダー、ロゴもワンポイントで小さくモノトーンにしたデザインが登場。ポップミッキーUTを大人っぽく着こなせるということで、ランクインさせました。

 この手のTシャツは他社でも見掛けますが、コスパユニクロが抜群です。2位で紹介する白のショートパンツと合わせて、靴・小物にこだわれば、ユニクロらしからぬ印象に仕上がるのではないでしょうか。ただし、あまり派手な色の靴で合わせると、ちょっとイケイケな雰囲気に見えるかもしれませんのが……」(森井氏、以下同)

2位:チノショートパンツ00 WHITE

チノショートパンツ
チノショートパンツ ¥1,990 +消費税
リゾート感が強調される、ショートパンツ。なかでも、地厚なコットンを活かしたこのショートパンツは毎年重宝しています。色は白がおすすめです。1位で紹介するカラフルなリネンシャツなら何色と合わせても、キマるからです。また、3位で紹介したようなボーダー柄のTシャツとも相性抜群です。

 ちなみに似た商品に感動ショートパンツの白色があります。私は昨年そちらも履いていて、それは、それで捨てがたいです。しかし、このチノショートパンツのほうが透けるリスクが低いと感じます。価格も2000円程度とリーズナブルなので、毎年、白を購入し直しています。白いショートパンツは消耗品という位置づけです」

1位:プレミアムリネンシャツ(長袖)

プレミアムリネンシャツ
プレミアムリネンシャツ(長袖)68 BLUE ¥2,990 +消費税
「夏のマストアイテム、リネンシャツ。これ1枚あれば、サマージャケット代わりに、リゾート風に崩した着こなしが簡単できます。各セレクトショップが1万円程度で展開していることが多いなか、ユニクロ2990円(税別)とコスパ抜群!

 そんなリネンシャツは、なんといっても色物を買うべきです。もちろん白色も素敵ですが、リネン素材の色物は発色がキレイだからです。しかも、ユニクロのシャツは品質が良いと言われるフランス産リネンを使っています。

 では、どんなサイズを選べば良いのか。ユニクロオンラインストアによると、昨年以上に『裾まわりがすっきり細く見えるシルエットに改良』とあります。つまり、長すぎる着丈は着こなしの難易度が上がってしまうので、ワンサイズ下がおすすめです

 身長172センチとやや長身の私でも、昨年購入したものですが『61BLUE』のSサイズで充分スッキリと着られました。シャツ裾を出して着ると、Mサイズでは長く感じました。

 また、今季はブルーも必見です。同ストアには『インディゴのような深みのある68 BLUEは、フランス語で洗いざらしという意味の“デラヴェ”という特殊な染色方法を採用』とあり、確かにキレイな色でした。こちらは先ほどの白パンに合わせやすいでしょう」

 いずれの商品も高コスパユニクロだが、ここに紹介した3品は特におすすめだという。白のショートパンツを軸に、1位、3位をそれぞれ組み合わせて、着こなすこともできるので、まずは試してみてはどうか。

<構成/シルバー井荻>

【森井良行】

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、メールマガジン「服のコンサルタント森井良行が伝える『好印象のレシピ』」随時更新中。著書多数

チノショートパンツ ¥1,990 +消費税