メイン画像

本日(26日)、午前8時48分、北海道オホーツク海側の佐呂間町では最高気温が35度2分まで上がり、道内としては、5月に観測史上初めて35度以上の猛暑日となりました。なお、これまでの道内の5月の最高気温1位の記録は、1996年5月30日に観測された北見33度9分です。

道内 広く高温注意情報や食中毒警報

今日(26日)の道内の予想最高気温は、道東方面の北見や帯広では35度、美幌では36度となっています。5月としては経験したことのないような、道内では命に係わる危険な暑さとなる恐れがあります。道央や道東方面を中心に高温注意情報が発表されています。暑さに体が慣れていない、5月の北海道としては、記録的な暑さとなっているため、熱中症に注意が必要です。喉が渇く前に水分や塩分を補給したり、室内でも熱中症になる可能性があるためカーテンで日差し遮るなど暑さ対策が必要です。また、食中毒警報も広く発表されており、屋外のレジャーで、お弁当を作る際など食品の取り扱いにも注意して下さい。

北海道で猛暑日 5月としては初