セレッソ大阪は25日、FW都倉賢の手術実施を報告した。

都倉は11日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第11節の横浜F・マリノス戦で右ヒザ前十字じん帯損傷および右ヒザ外側半月板損傷の重傷を負い、戦線離脱。全治8カ月が見込まれており、24日に兵庫県内の病院で手術を受けたという。

C大阪は24日にホームで行われた第13節のFC東京戦で1-0の勝利を収め、5勝2分け6敗の暫定9位。6月1日に行われる次節、サガン鳥栖とのアウェイゲームに臨む。

サムネイル画像