総合建設機械レンタル業のアクティオは、IoTを活用し、発電機等へ手間要らずで燃料給油できる「アクティオ燃料給油サービス」を2019年秋頃から本格稼働すると発表した。

【大きい画像を見る】建設・測量生産性向上展2019(幕張メッセ)に出展したアクティオ


現在、建設業界では、人手不足が喫緊の課題となっている。2000年から10年間で土木作業者や建設技術者の約40%が減少、2025年までに100万人規模の離職が懸念されている一方で、大規模工事や再開発の建設から、バブル期に建設された建物などのメンテナンスや修繕工事など多くの需要が見込まれている。

アクティオでは、課題解決策のひとつとして、IoTを活用した燃料給油サービスを展開していく。同サービスでは、発電機などに設置したIoTデバイスが燃料残量低下をIoTラットフォームに送信。これを現場監督アクティオに通知。アクティオは現場監督に確認後、ガソリンスタンドなど燃料サプライヤーに配送を指示、該当する発電機などに給油を行う。

アクティオでは、機械のIoT化を推進し、あらゆる機械にデバイスを取り付け、機械の情報をクラウド上で把握できるようにする、現場の見える化を支援していく。【ほかの画像を見る】アクティオの燃料給油サービス

アクティオの燃料給油サービス