マンチェスター・シティの2連覇で幕を閉じた2018-2019シーズンプレミアリーグ

世界中のスターが集う同リーグは世界中にファンを持ち、その放映権料は高騰し続けている。 当然、プレミアリーグの各クラブが得る賞金も莫大な額に。

スペイン紙『AS』が、それを示すこんなデータを提示していた。

2018-2019シーズンプレミアリーグ20チームと、昨季のラ・リーガ20チームに支払われれる放映権料の一覧だ。

今季最下位で降格となったハダーズフィールドが受け取る額は、1.039億ユーロ127.2億円)。一方、昨季リーガ2位だったアトレティコ・マドリーは1.029億ユーロ126億円)。

【関連記事】 プレミアリーグ、最も高額なユニフォーム契約ランキング

プレミアリーグ最下位チームでも、リーガ2位以上の放映権料を受け取っているという。プレミアリーグの圧倒的な資金力が窺い知れる数字といえそうだ。

プレミアリーグの「お金」が凄すぎる!なんと降格チームでもアトレティコ超え