アメリカジョージア州で開催中のMOMO CON 2019にて、須田剛一氏が率いるグラスホッパー・マニファクチュア『Travis Strikes Again: No More Heroes(以下、Travis Strikes Again)がPlayStation 4とPC(Steam)へと移植されることが発表された。

 須田剛一氏はE3にも参加するということで、さらなる続報がある「かもしれない」と語っている。

(画像はグラスホッパー・マニファクチュア公式Twitterアカウントより)

 『Travis Strikes Again』は2019年1月にNintendo Switchリリースされたノーモア★ヒーローズスピンオフ作品だ。オタク殺し屋のトラヴィス・タッチダウンが再び主人公となり、トラヴィスに殺された娘の復讐をしようとするバッドマンと、伝説のゲーム機「デスドライブマーク2」に入り込む。全て集めれば願いが叶うというゲームソフト「デスボール」を集め、死んだバッドガールを生き返すのがゲームの目標だ。

 ゲームの世界に入り込むということで、基本となるトップダウン視点のアクションゲームだけでなく、パズルゲームレースゲームなど、ソフトごとに異なるジャンルが設定された世界を渡り歩く。国内外のさまざまなゲームコラボしており、ゲームのロゴが入ったTシャツキャラクターゲーム内に登場。Nintendo Switch版ではゼルダの伝説 ムジュラの仮面とのコラボを行ったが、他のプラットフォームでは他のプラットフォームに準じたタイトルコラボするようだ。

(画像はニンテンドーeショップ『Travis Strikes Again』より)
(画像は『Travis Strikes Again』公式サイトより)
(画像は『Travis Strikes Again』公式サイトより)

 発売時期などの詳細は未発表だが、E3ではさらなる情報が明かされることが期待される。続報を待ちたい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros