劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』(7月26日ロードショー)に、ゲストキャストとして斉藤秀翼、パパイヤ鈴木の出演が決定。コメントも到着した。

【大きい画像を見る】『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』パパイヤ鈴木演じるカゲン(左)と変身後の仮面ライダーゾンジス(右)(C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

さらに5月26日のTVシリーズ放映をもって、併映の『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』とともに超特報映像が公開された。

斉藤と鈴木は、ともに謎の存在である歴史の管理者・クォーツァーの一員として登場する。
斉藤はジョウゲン/仮面ライダーザモナス役、鈴木はカゲン/仮面ライダーゾンジス役と、それぞれ劇場版オリジナル仮面ライダーに変身。先立って発表されたISSA(DA PUMP)演じる仮面ライダーバールクスとともに、ジオウたちの前に立ちはだかることになった。

なお『仮面ライダー』作品への出演は、斉藤、鈴木ともに自身初めて。
斉藤は『獣電戦隊キョウリュウジャー』のイアン・ヨークランドキョウリュウブラックに続いて本作でも変身できることへの喜びをコメント。鈴木は子どもの頃から憧れのヒーローであったという、『仮面ライダー』作品に出演できることへの興奮を語っている。
TVシリーズでは描ききれない大冒険を繰り広げる、本作のスケールにふさわしい注目のゲストキャストとなりそうだ。

さらに5月26日のTVシリーズでの放映をもって、併映の『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』とともに超特報映像も公開された。


本映像では、「史上最大のクライマックス」という言葉を掲げて仮面ライダージオウが、「リュウソウジャーの原点に迫る」という言葉を掲げてリュウソウレッドが登場。『劇場版 仮面ライダージオウ』は「仮面ライダージオウの真のエンディング」という位置づけであること、『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE』は「6500万年前へタイムスリップし、過去のリュウソウ族と出会う」ことを前面に押し出した仕上がりとなった。


劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』は『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』との2本立てで、7月26日よりロードショー

<以下、コメント全文掲載>
【斉藤秀翼】
オファーを受けて素直に嬉しく、大きな楽しみができた気持ちでした。キョウリュウジャーに続いて、仮面ライ ダーにもなれるとは、こんなに幸せなことはありません。僕が変身する仮面ライダーザモナスはかっこいいです。キョウリュウブラックも捨てがたいところですが、もう変身できるだけで幸せです。特撮好きとして年齢関係なく平成仮面ライダーを観てきましたので、仮面ライダーと共に平成の時代を歩んできました。そして元号も新たになった今、この映画が“時”というものをひとつのテーマとして描いているので僕自身考えさせられる部分がありました。令和最初のこの映画、かなり格好よく仕上がってい ると思いますので、楽しんでもらえたらと思います!…変身。

【パパイヤ鈴木】
子どものころから観ていた仮面ライダー作品に自分が出られるとは思っていなかったので、かなりの衝撃が走りました。子どもの頃仮面ライダーショーを見に行き、ショッカーに連れ去られそうになり、ギャン泣きしたのを覚えています。その時仮面ライダー助けてもらい、本当にヒーローはいるんだと思いました。今回はやはり悪役で、ダンスシーンもありませんが、DA PUMPメンバーと一緒だったので共演をすごく楽しみにしていました。そしてまさか自分が変身できるとは思わなかったので、とても嬉しいです!仮面ライダーゾンジスは少し面白い系のライダーだと思うので、僕にピッタリなのではと思います。とても楽しい映画になっていますので、ぜひ皆さん楽しんで、そして一緒に変身しましょう!

(C)劇場版ジオウリュウソウジャー製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日ADK EM・東映【ほかの画像を見る】『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』斉藤秀翼演じるジョウゲン(左)と変身後の仮面ライダーザモナス(右)(C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』斉藤秀翼演じるジョウゲン(左)と変身後の仮面ライダーザモナス(右)(C)劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映