中国で製造された時速600キロメートルの高速リニアテスト車両が23日に山東省青島市でラインオフした。これにより、中国は高速リニア技術の分野で重大なブレークスルーを達成したことになる。北京日報が伝えた。
新興の高速交通モデルの1種類である高速リニアは、速度が速い、安全で信頼性が高い、騒音と振動が少ない、旅客輸送量が大きい、屋外の環境に対する耐久性が高く時間に正確、メンテナンスが楽といった数々の優位性を備える。現在、高速鉄道の営業最高速度は時速350km、航空機の巡航速度は時速800~900kmとなっており、時速600kmの高速リニア高速鉄道輸送と航空輸送との速度の空白地帯を埋めることができる。
■高速リニアは未来で具体的にどのような役割を果たすか?
説明によると、高速リニアは現時点で実現可能な速度が最も速い地上交通ツールとして、長距離輸送に利用され、大規模ターミナル都市間や都市圏間に「高速回廊」を構築することができる。実際の移動時間を計算してみると、1500キロメートルの輸送距離なら、高速リニアが最速の交通ツールになる。高速リニア課題チームの責任者を務める中車青島四方股フン有限公司(フンはにんべんに分)の丁●●(参の彡が三)サブチーフエンジニアは、「北京から上海に行く場合、前後の移動時間を含めると、飛行機なら約4.5時間、高速鉄道なら約5.5時間かかるが、高速リニアなら約3.5時間で済む」と説明する。
そのうえ、高速リニアには「動き出すのも止まるのも速い」という技術的優位性があり、速度の優位性を十分に発揮させることができ、中短距離の旅客輸送に適しているといえる。大都市の市街地での通勤や都市圏に隣接した都市で利用すれば、都市の通勤効率を大幅に高めることができ、都市圏の「一体化」や「都市融合化」に向けた発展を促進することもできる。
この高速リニアにはレールを抱きかかえるような構造が採用され、レールから落ちるリスクはない。牽引・給電システムは地上に設置され、区間ごとの給電方式が採用され、1つの給電区間を走ることのできる列車は1台だけで、基本的に追突のリスクはない。他の鉄道列車と比較すると、リニアの列車にはこれまであった車輪がなく、運行時にレールと接触することはなく、摩擦もメンテナンスもより少なく、ライフサイクル全体を通じてコスト面で優位性がある。
中車公司の関係責任者は、「世界の先端技術の1つである高速リニアは、現在の世界における最先端の鉄道交通技術の一つだ」との見方を示す。
これまで多くの先進国が長年にわたって高速リニアの持続的な研究開発を行い、研究開発・引き取り検査に必要な実験線などのプラットフォームを構築してきた。現在、日本は山梨県に42.8キロメートルリニア実験線を構築し、ここで時速603kmの最高テスト速度を達成した。
高速リニアプロジェクトをめぐり、中車公司は目下、高速リニア実験センター、高速リニア試作センターの建設を進めており、今年下半期に実用化される見込みだ。また、5両編成で時速600kmのテスト車両の研究開発も順調に進展中だ。計画では、テスト車両は2020年ラインオフし、21年に実験線でシステム総合テストを行い、集積・検証作業を終え、高速リニアの実用化に向けた能力を形成するという。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

中国で製造された時速600キロメートルの高速リニアのテスト車両が23日に山東省青島市でラインオフした。これにより、中国は高速リニア技術の分野で重大なブレークスルーを達成したことになる。