社会現象にもなった人気ドラマおっさんずラブ」を映画化した「劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」のティザービジュアルと特報映像(https://youtu.be/MQZapEHOJnk)が、このほどお披露目された。あわせて、音楽ユニットスキマスイッチ」の「Revival」が、連続ドラマ版に続き、主題歌として使用されることが決定した。

2018年4月クールテレビ朝日系列で放送された「おっさんずラブ」は、もてない独身ダメ男・春田創一(田中圭)、誰もが憧れる理想の上司・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、イケメンでドSの後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係ピュアに描いたラブコメディドラマ版は、黒澤との結婚式を飛び出した春田と牧が結ばれ、感動の結末を迎えた。劇場版は、ハッピーエンドのその後の物語を描き、沢村一樹が天空不動産の新プロジェクトチームリーダーで、春田たちの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅(まみあな・じん)役、志尊淳が同社の第二営業所に配属された陽気な新入社員・山田正義(ジャスティス)役として登場する。

ティザービジュアルは、メインキャスト5人がそれぞれタキシードをまとって歩いている様子を活写。彼らのバックには、爆炎で形作られた巨大なハート、「ラブが、とまらない。」というコピーが添えられており、おっさん同士の"ラブ・バトルロワイアル"のスケールの大きさに期待が高まる仕上がりになっている。

特報映像では、撮影したばかりの本編シーンが初披露されている。手と手が触れ合い見つめ合う春田と山田、「ちょっと付き合えよ」と色気たっぷりに相手を誘う狸穴、「結婚って…本気で言ってます?」という意味深な発言をする牧、謎の手編みセーターを抱えてほほ笑むだけでなく、"キス寸前"になっている黒澤の姿を映し出している。

劇場版 おっさんずラブ LOVE or DEAD」は、8月23日から全国東宝系で公開される。

ラブ・バトルロワイアル勃発! (C)2019「劇場版おっさんずラブ」製作委員会