日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2019」に福祉車両3台を出展

福祉車両も電動化と知能化に向けて技術開発

 日産自動車とオーテックジャパンは、5月30日(木)から6月1日(土)までの3日間、愛知県のポートメッセなごやで開催される「ウェルフェア2019」(第22回 国際福祉健康産業展)に出展。ライフアビークル(福祉車両)を3台出展する。

 日産自動車グループは、生活のいろいろなシーンで役立ちたいとの意味を込め、福祉車両を「ライフアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼び、個人から施設の利用まで幅広いラインアップを展開している。日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2019」に福祉車両を出展

 ウェルフェア2019では、電動パワートレイン”e-POWER”を搭載した「セレナ e-POWER チェアキャブ スロータイプ」や「ノート e-POWER助手席回転シート」のほか、福祉施設や病院の送迎用として活躍する「NV350キャラバン チェアキャブ」の計3台を展示。”ニッサン インテリジェント モビリティ”の取り組みのもと、クルマの「電動化」と「知能化」に向けた技術開発を進めているが、ライフアビークルにおいても”ニッサン インテリジェント モビリティ”を具現化する先進技術の搭載を推進している。

 

ウェルフェア2019概要
・日時:5月30日(木)~6月1日(土)10:00~17:00
・会場:ポートメッセなごや(名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地)
・主催:名古屋国際見本市委員会
・入場料:無料
・展示車両:セレナ e-POWER チェアキャブ スロータイプ 車いす1名サード仕様、ノート e-POWER 助手席回転シートNV350キャラバン チェアキャブ 車いす1+1名仕様

日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2019」に福祉車両を出展

日産自動車とオーテックジャパン「ウェルフェア2019」に福祉車両3台を出展