アイントラハト・フランクフルトのルカ・ヨビッチ 写真提供:GettyImages

 アイントラハト・フランクフルトセルビア代表FWルカ・ヨビッチセリエAプレミアリーグクラブへの移籍を望んでいるのかもしれない。現地時間26日、イタリアメディアフットボールイタリア』が伝えている。

 ヨビッチ2016年冬にベンフィカに加入したものの、出場機会に恵まれず、2017年夏にフランクフルトへ買い取りオプション付きの2年レンタルで加入。

 しかし、加入先のフランクフルトでは持ち前の決定力を発揮しており、今季は公式戦47試合に出場して27ゴールをあげるなど、ブレイクを果たした。

 そのヨビッチを巡っては、フランクフルト600万ユーロ(約7億4000万円)買い取りオプションを行使することを発表しているものの、レアル・マドリードへの移籍が濃厚であると以前から伝えられているほか、フランクフルト首脳陣が同選手の引き留めは厳しいという見解を示していた。

 またフランクフルトはマドリードとすでにクラブ間交渉を行っているという報道が行われているが、ヨビッチは「チェルシーインテルヨーロッパリーグ(EL)で対戦した後、プレミアリーグセリエAでのプレーが僕には非常に合っているだろうと思った」と語っており、自身の望んでいる移籍先候補にラ・リーガが入っていないという主旨のコメントを残しているようだ。