今年4月、日本では自身初となるドーム公演を東京・大阪で開催し、両日とも即完売を記録。2日間合わせて9万人を動員したシンガーソングライター、エド・シーラン。

そんな彼が、大ヒットアルバム『÷(ディバイド)』以来となるアルバムNo.6 コラボレーションズ・プロジェクト』を7月12日アサイラム / アトランティック・レコードよりリリースする事を発表した。

5月24日からは同作品のプレオーダーもスタートし、ワーナーミュージック・ジャパンの通販サイトワーナーミュージックダイレクト」ではCDとTシャツとのセット商品やアルバムグッズも予約がスタートになっている。

エドはこの作品に関してこのように話す。

2011年、契約をする前に僕は『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』というEPを作ったんだ。それ以来、ずっとこれに続く作品を作りたくて。だから去年、ツアーを回っている時に何度もノートパソコンを出して曲作りをしてきた。一緒にコラボしたアーティストたちの大ファンだから、今回もとても楽しかったよ」

同作品の発表に合わせて、レーベルと契約しない事でも知られるヒップホップアーティストチャンス・ザ・ラッパー、そしてアトランティック所属のラッパー/シンガーであるPnBロックコラボした新曲「クロス・ミー (feat. チャンス・ザ・ラッパー&PnBロック)」も発表、各配信サイトにて配信がスタートしている。

この楽曲を含めた全15曲が収録される『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』には、5月10日に発表したジャスティン・ビーバーコラボした「アイ・ドント・ケア」ももちろん収録。同曲は配信1日目の再生数がSpotifyにて1000万回を超え1日の最多ストリーミング数の記録を樹立し、日本でもiTunesApple MusicLINE MUSIC、レコチョク洋楽総合で1位を記録するなど大ヒットを記録している。

『No.5 コラボレーションズ・プロジェクト』は2011年1月に自主レーベルよりリリース。全曲をグライムヒップホップミュージシャンコラボレーションした画期的な作品として高く評価されている。この続編とも言える『No.6 コラボレーションズ・プロジェクト』が7月12日リリース!参加アーティストは現在発表になっているジャスティン・ビーバーチャンス・ザ・ラッパー、PnBロックの3人以外未発表となっており、今後のアナウンスに期待が集まる。

関連画像キャプション