独特な色や輝き、雰囲気を放つ鉱石。

多くの人を引きつけてやまない鉱石の中には、こんな美味しそうなものもあるようだ。

ミントチョコみたいなストーン

アンデスミントみたいなウルフェナイト

This Wulfenite stone looks like Andes mints from mildlyinteresting

これは掲示板redditに投稿されたもので、投稿者によると2016年メキシコのオハエラ鉱山で見つかったものだという。モリブデン鉛鉱ともいわれるウルフェナイトだそうだ。

2つの鉱物が長い年月をかけて押しつぶされこの様な独特な形になったとみられる。

黄色い方がウルフェナイトで、中に挟まれているのがモットラマイトだという。

ちなみに投稿者がいう「アンデスミント」はこちら。

この投稿をInstagramで見る

Sam Egglestonさん(@angry_eggman)がシェアした投稿

ご覧のとおりの一口サイズミントチョコだ。

確かにこれが何個も何個も重なったようなストーンである。

何とも不思議で美味しそうな鉱石に、同投稿は4万2000ポイントを獲得し注目を集めた。

「歯が欠けそう」「とても美味しそうだ」「かじりつきたい!」「こんな色は見たことがない。いいものを見せてもらった」「こういうキャンディーもあるよ」といったコメントが寄せられている。

メキシコの鉱山で見つかった石が美味しそうと話題に