リーズ・ユナイテッド日本代表MF井手口陽介(22)の売却に動くという。イギリスFootball Insider』が報じた。

井手口は昨夏、リーズからシーズンローンでグロイター・フュルトに加入。昨年9月に行われたブンデスリーガ2部第5節のホルシュタイン・キール戦で新天地デビューを果たしたが、右ヒザ後十字じん帯断裂や半月板損傷の影響もあり、わずか7試合(1得点)の出場にとどまった。

事前の報道によれば、グロイター・フュルトが買取りに意欲的だが、リーズの要求額が高過ぎることで、交渉が暗礁に。そして、今回の続報によると、リーズマルセロ・ビエルサ監督が首脳陣との協議の末、今夏の完全放出にゴーサインを出しているが、「相当な額」での売却を視野に入れている模様だ。

井手口は2018年1月にガンバ大阪から移籍金50万ポンド(現レートで約6900万円)でリーズに加入。あと3年間の契約を残している点や、代表歴を交渉材料として、獲得時に投じた額以上の移籍金で売却を目指しているとみられる。

シーズンも引き続きヨーロッパでのプレーを希望しているとされる井手口。果たして、どこのユニフォームを来てプレーすることになるのだろうか。

サムネイル画像