その真相は定かではないが、人は亡くなると虫になってあらわれる…なんていう話がある。

「黄色い蝶になる」と母

それを知ってか知らずか、米テキサス州フォートワースに住むCole Shinskyさんのお母さんは、「ママはいつか黄色い蝶々になるわ」といって9年前に亡くなった。

以降、黄色い蝶を見かけるたびに、息子のColeさんは母の言葉を思い出し心を揺さぶられてきたという。

もしお母さんなら捕まえたい、でも捕まえられそうで捕まえられない…そんなもどかしい思いをしたこともあっただろう。

母の日に起きた奇跡

ところがこの日あらわれた黄色い蝶は、向こうから彼に近寄って来てその体にとまった。

This is incredible… Mother passed away 9 years ago and she mentioned she’d be a yellow butterfly one day. For 9 years I have been mezmorized every time I see one but I have never been close enough to touch one. Today… this happened!

  pic.twitter.com/DpF6CaQb4B

Cole Shinsky (@coleshinsky) 2019年5月13日

偶然は重なるものだ。この日は奇しくも「母の日」だったというのだから…

信じられない…今日という日にこんなことが起こるなんて!

ママ、今日は母の日だね。

そう綴られた同ツイートには100万人以上が「いいね」し、リツイートされた件数も18万件を超え話題に。一部の海外メディアでも取り上げられ人々の涙を誘っている。

「黄色い蝶になる」と言って他界した母、9年後の母の日に息子の体にとまる