(C)LIUDMILA ERMOLENKO / Shutterstock

5月26日放送『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の企画「女芸人遠泳部」に出演した『たんぽぽ』の川村エミコに批判が集まっている。女芸人4人とともにベトナムで10キロの遠泳に挑戦したが、うまく泳ぐことができず、たびたび落ち込み涙を流した。視聴者からは川村を思いやる声も出たが、「精神が不安定過ぎる」「まず練習してから来るべき」との声も出ている。

【関連】『イッテQ!』が『おかずクラブ』ゆいPを追放? コンビ格差が酷過ぎる ほか

いとうあさこや椿鬼奴ら一行は、同国内の島同士をつなぐ10キロのコースに挑戦。まずは試しに100メートルを泳いだ。いとうは素潜り歴が長いといい、見事な腕前を披露。他番組でシンクロナイズドスイミングを経験したバービーらもスムーズに泳ぐことができたが、川村は約25メートルで溺れかけ、周囲を心配させた。

 

『イッテQ!』泣き連発たんぽぽ川村にイラっ!「仕事引き受けるなよ」

挑戦前から「怖い、怖い」と涙

そしていざ遠泳に挑んだ5人は船に乗り込み、リレー形式で1人当たり10分、交代して泳いでいった。他の泳者はスムーズに進んだが、川村は海に入る前から「怖い、怖い」と涙を流し、椿鬼奴から励まされる展開に。最初に海に入った際には泳ごうともせず、水面に背を向けて海の流れに身を任せた。その後、徐々に泳力があるところを見せたが、バービーが船酔いで離脱したこともあり、一行は制限時間の9時間半以内に泳ぎ切ることはできなかった。

川村の泣き出す姿に視聴者は、

《すぐ泣いてできないってなるの、相当ネガティブなんだろうな》
ネガティブな感じが無理。できないって不安になる気持ちすっごく分かるけど》

などと批判。また、

《川村さんがひど過ぎ。いくらスケジュールの都合でと言っても、あれは足引っ張り過ぎだろ》
《何でチョイスが川村さんなのかな。できないなら最初から引き受けなきゃいいのに》
《できないから嫌いなんじゃなくて、やらないから嫌い。できなくても一生懸命泳ごうとするとか、フリだけでもいいからやってほしかった》

などと、「やる気がない」との指摘も相次いだ。

イッテQ!視聴者は、真面目に頑張るタレント好きなようだ。

 

【画像】

LIUDMILA ERMOLENKO / Shutterstock

(C)LIUDMILA ERMOLENKO / Shutterstock