アイドルを応援するために自然発生的に生まれたサイリウムを使ったダンスヲタ芸」。10年前にギニュ~特戦隊(現GinyuforcE)がインターネットに動画をアップしたことがきっかけとなり、国内にとどまらず、世界中に人気が広がった。

【サイリウムが咲き乱れ、小林幸子が歌う 平成最後の「千本桜」の画像・動画をすべて見る】

いまや「サイリウムダンス」という名前で国際的に親しまれるようになったこの文化は、2018年から世界大会が各国で行われるなど、次世代の日本のカルチャーとして注目を集めているのだ。

4月に開催された「ニコニコ超会議2019」でも、ペンライトの国内最大手企業である株式会社ルミカのサポートのもと「ヲタ芸エリア」が登場した。

平成インターネットカルチャーの一翼を担い、新たな才能たちとともに文化を更新し続けてきたニコニコ動画、のすべて(だいたい)を再現した「ニコニコ超会議」。その“平成最後の文化祭”にKAI-YOU編集部が潜入。

本稿では、サイリウムダンス初心者向けレッスンやショーケース、DJタイムなどのパフォーマンスを交えながら、“ラスボス”こと小林幸子さんとGinyuforcEスペシャルコラボライブに至るまで「超ヲタ芸エリア」の盛況をレポートしていく。

取材・文:ミーネ 編集:園田もなか 撮影:宮本七生

まずはみんなでヲタ芸サイリウムダンスレッスン!



ニコニコ超会議2019」では中村獅童さんと初音ミクによる「超歌舞伎」をはじめ、お坊さんがテクノ調でお経を唱える「超法要」やVTuberと握手を交わせる「超バーチャル握手会」など、ネットで反響を呼んできた世界がリアルに再現され、開幕と同時に大きな盛り上がりを見せていた。







その中でも多くの参加者が注目していたのが「超ヲタ芸エリア」。



エリア内に併設されたモニターからは三味線ギター和ロックな曲とともに、ルミカの新CMが流れている。

この映像には、アニソン業界では知らぬ人はいない天才シンガーソングライターオーイシマサヨシさんも出演。



三味線ユニット吉田兄弟が作曲、Tom-H@ckさんが編曲した曲「雷 -IKAZUCHI-」をバックに、サイリウムを刀で見立てたダンスが繰り広げられる(「雷 -IKAZUCHI-」はサイリウムダンスの世界大会「CYALUME DANCE WORLD BATTLE」のテーマソングでもある)。

三味線ならでは音色と重厚なギターサウンドが期待を煽る中、会場内のステージに「踊ってみた」動画で有名なゲッツさんとあぷりこっと*さんが司会として登場。最初のプログラムである「ヲタ芸レッスン」のスタートだ。

このプログラムは観客参加型で、初級編から始まり、CM編、中級編、上級編と回を分けてヲタ芸サイリウムダンスをレクチャー。

初級編では、ヲタ芸サイリウムダンスの創始者・GinyuforcE(元ギニュ~特戦隊)のギアさんとよしきさんが舞台上で、「ニーハイオーハイ」や「ロサンゼルス」「ロザリオ」といった基本的な技を自ら踊りながらレッスンした。





続くCM編では、「踊ってみたカテゴリーで最も有名な踊り手であり、ダンスロックユニットCOJIRASE THE TRIP」のメンバーでもある仮面ライアー217さんとみうめさんが登場。

自身も出演するCMのダンスの振り付けレッスンが行われた。





観客席では小学生低学年の女の子から50代くらいの男性まで、さまざまな世代がステージ上の彼らにならって懸命にサイリウムを振っている。

通りすがりに「あ! これ絶対やりたい!」と輪の中に入る女性の学生2人組も。脇目も振らずサイリウムダンスに没頭する観客とともに、ブースは終始、周囲の人を惹きつける楽しげな雰囲気に包まれていた。

熱狂し続けるヲタ芸エリア





サイリウムダンスをゼロから学ぶプログラムもあれば、「ヲタ芸サイリウムダンス ショーケース」のように最前線で活躍しているJKz、MishMoshのパフォーマンスを楽しめるステージも。

ボーカロイド楽曲に合わせた全力でダイナミックダンスは、観客たちの目は釘付けにしていた。





続くプログラムは「DJタイム」。教えられ、見せられれば、実際にやりたくなるのが人間の性。

一連のステージプログラムの中でも、集まった観客たちは特に異常な盛り上がりを見せていた。





キレのある動きでフロアを圧倒するものもいれば、破天荒な動きながらも満面の笑顔で踊る少年も。

サイリウムを掲げ、床にねっ転がり、叫ぶ──肉体的にも精神的に会場と一体となって音楽を楽しむ様子がヲタ芸エリアで繰り広げられていた。





クライマックスは、ラスボスが登場



ブースのボルテージは上がり続け、観客の足は途絶えない。それどころか、終盤に近づくにつれ、ブースは次第に混雑し始める。

それには理由がある。なんと、その日のトリはニコニコ動画と「ニコニコ超会議」に欠かせない歌手・小林幸子さんだったのだ。

ボカロの名曲「脳漿炸裂ガール」をカヴァーした「脳漿炸裂バーサン」など、自身の大御所ポジションを逆手に取り、ニコニコ生放送内で「ラスボス」の愛称で親しまれている小林幸子さん。



昭和は演歌、平成はインターネットの世界で大活躍したラスボスが平成最後に選んだステージが「ヲタ芸エリア」。しかも今回はサイリウムダンスとのコラボとあって、会場は身動きが取れないほどの人で溢れかえった。

キャリア50年を超えてもなお新たなカルチャーと融合し、エンターテインメントを追求する姿勢に人は惹きつけられるのかもしれない。


小林幸子、ニコ超のヲタ芸エリアに降臨す



ステージの中央には高さ約3.5mという巨大なドーム型の衣装。衣装のテーマは、「夜桜を照らし焚かれる篝火」だ。

歌う曲はニコニコ動画をはじめとするネット文化が生んだヒット曲「千本桜」。2015年NHK紅白歌合戦でも歌ったこの曲を、会場の観客やステージ上のダンサーとともにサイリウムを使って、平成最後を飾る最高の1曲に仕上げるという。

巨大なサイリウムが観客に配られ、GinyuforcEが入念に動きの練習を重ねる。



「いいですか、皆さん! せんぼん“ざ”くら~の“ざ”のタイミングサイリウムを折って光らせてください!」

夜桜を照らす篝火はサイリウムで表現される。何回も何回もタイミングの確認が行われ、会場の緊張感は最高潮に。

ラスボスコールで我らのラスボス小林幸子さんを呼びましょう!」と司会者が叫び、ラスボスコールが始まると……姿が見えないまま小林の歌声だけが響きわたる。

と思ったのもつかの間、ついにステージ中央、衣装の中から小林幸子さんがせり上がってきた。





アップテンポイントロからAメロから、Bメロ、さらにはお馴染みのサビと、曲の展開とともに、徐々にサイリウムを一斉に折るその瞬間が近づいてくる。





小林幸子さんのこぶしと、GinyuforcEによるヲタ芸シンクロする美しさ、力強さに思わず息を飲んでしまう。

一方で、刻一刻と迫る瞬間に向けて、会場全体で高まっていく緊張感。そしてついにラストのサビ、「せ〜ん〜ぼんざくら~」の歌声に合わせて……



発光!

一斉にサイリウムを折ると同時に踊り始める観客たち。サイリウムを突き上げる人々の中で光り輝く小林幸子さんは、神々しく、そのオーラに圧倒される。





ラスボスたる気迫である

その気迫に応えるようにエネルギッシュに規律ある踊り続ける観客。両者の全力の共鳴によって最高の「千本桜」が生まれた瞬間だ。





歌い終えると、「平成最後のラスボスいかがでしたか? また令和でお会いしましょう~!」と陽気にステージをあとにした。

時間にしてみれば2分もあったかどうか。あっという間の出来事だったが、しばらく、ヲタ芸エリアは全員で目標を成し遂げた達成感と熱気に包まれていた。

世界大会に向けた白熱の日本予選も開催



初日と興奮冷めやらぬ「ニコニコ超会議2019」2日目は、サイリウムダンス世界大会の日本予選が行われた。

前日のお祭りムードとは打って変わって、新時代最初のチャンピオンの座に挑む猛者たちがしのぎを削る、ピリッとした雰囲気に。

候補者の中には、前年唯一の女性ダンサーとして出場した増田美咲さんの姿もあった。



課題曲は、TVアニメ邪神ちゃんドロップキックオープニング楽曲「あの娘にドロップキック/邪神☆ガール」や、声優ユニットイヤホンズの前回大会テーマソングサンキトウセン」。



ゲームSummer Pockets』OP主題歌をREMIXした「アルカテイル[PandaBoY Remix]/Key Best Song Remix -to the Future-」、ボカロPDECO*27さんによる「乙女解剖」、多次元メディアミックスエンターテイメント作品『ライブレボルト』から「革命の唄」。



いずれもヲタ芸サイリウムダンスを愛する者にとってはテンション上がること間違いなしの名曲揃いだ。







全国ネットニュース番組のカメラも大会の行方を追う中で、日本予選を突破したのは「ゼロから打ち師始めます。」のCliffordさん。





彼は2020年に行われる第2回世界大会で日本代表として戦う。

サイリウムダンスは新たな時代に次のステージ



熱戦が繰り広げられた世界大会を主催するルミカとプロデュースするGinyuforcEギアとが目指すのは、「サイリウムダンス」の世界的普及、すなわちオリンピック競技化だ。

かつてはひとつのヲタクカルチャーであったヲタ芸は、いまや世界中に広まり、かっこよくて魅力的な競技/スポーツへと変わりつつある。



今後はさまざまなアーティストコラボレーションはもちろん、スポーツとして認知の拡大や浸透が一層進むなど、ヲタ芸サイリウムダンスの文化としての成熟を見ることができそうだ。

ニコニコ動画をはじめ、ネットとも親和性の高いヲタ芸サイリウムダンス。そんなヲタ芸/サイリウムダンスが「ニコニコ超会議2019」で示したのは、ほかのどのダンスとも異なる唯一無二のカルチャーとしての存在感と、競技性をも加えた新たなステージへの予感だった。

【写真】躍動するサイリウムダンスバトラーたちをもっと見る
サイリウムが咲き乱れ、小林幸子が歌う 平成最後の「千本桜」