ドイツまれの家庭用浄水器メーカーBRITA Japan株式会社東京都中央区、代表者:マイケルマギー)は、5月26日(日)に立教大学にて行われた、G20のユース向け公式付属会議である「Y20 SUMMIT 2019 JAPAN」に参加し、マイボトル化へ向けた活動についてワークショップを実施しました。

 Y20とは、30歳以下の各国を代表するユースのリーダーが集まり、国際問題や環境課題など、G20と同じ議題について話し合い、解決策をG20へ提言することを目的とした国際会議です。5月26日(日)から5月30日(木)まで5日間にわたって議論が繰り広げられます。

 BRITA Japanは、使い捨てペットボトルごみ削減を目指す企業の代表として、G20議題の一つである「ビジネスと環境」をテーマに、BRITAの浄水器を通したマイボトル化の推進に向けた取り組みを紹介しました。その後BRITAの事例をヒントに、「ビジネスと環境」についてのディスカッションが行われました。
 ワークショップに参加した方の間で、「プラスチックの代替素材や認知を広めるための教育も必要なのではないか」「ノー・プラスチック・デーを設定してはどうか」といった意見が交わされ、使い捨てプラスチックごみ削減を通した環境保全について考えるきっかけを提供する、貴重な機会となりました。

 また、ワークショップ実施後には参加者全員とY20各国派遣メンバー他関係者に、水道さえあればいつでもどこでもおいしい水が飲める持ち運び可能な浄水フィルター付きボトル「fill&go Active ピンク」を計100プレゼントいたしました。また、期間中の会場内給水設備として、浄水機能付きカラフェ「fill&Serve ホワイトベリー」42個を提供しており、会期中のペットボトルごみの削減にも貢献しております。

 BRITAの取り組むソーシャルアクションをより多くの方に知ってもらうことでペットボトルごみを減らし、エコでおいしい水をより多くの方へ届けてまいります。

【Y20概要】
 Y20サミットとは、G20の開催に先立って世界各国から集まったユースが、実際にG20 にて協議されるテーマについて議論した成果を共同宣言文としてまとめ、G20に対して提出する形式で政策提言を行うことができる公式の場です。様々なバックグラウンドを持った参加者が話し合うことで、新たな知見を生み出します。

■開催日 :5月26日(日)から5月30日(木)
■参加者 :G20加盟国出身の30歳以下の方
5月26日(日)のプログラム
 第1部…開会挨拶、G20サミットの説明、海外高校生によるプレゼンテーション など
 第2部…「国際貿易」「ビジネスと環境」「未来の働き方」をテーマにしたワークショップ など
【fill&go Active 概要】
■製品名 :fill&go Activeフィルアンドゴー アクティブブルー
       fill&go Activeフィルアンドゴー アクティブピンク
         fill&go Activeフィルアンドゴー アクティブライム
        fill&go Activeフィルアンドゴー アクティブパープル
■参考価格 :オープン価格 マイクロディスク カ-トリッジ1個付き
■本体サイズ :幅75mm x 奥行75mm x 高さ235mm
■容量    :全容量0.6L
■取り扱い店舗:全国の主要スーパー、主要ホームセンター、専門店、家電量販店など
URLhttp://d.brita.co.jp/fillandgo/

【fill&serve概要】
■製品名   :fill&serveホワイトベリー
        fill&serveホワイトティール
        fill&serveホワイトグラファイト
■参考価格  :オープン価格 マイクロディスク カ-トリッジ1個付き
■本体サイズ :幅98mm x 奥行98mm x 高さ290mm
■容量   :全容量1.3リットル
■取り扱い店舗:全国の主要スーパー、主要ホームセンター、専門店、家電量販店など
URLhttps://thinkyourwater.brita.co.jp/fillserve-mind/

【BRITAについて】
ブリタは、1966年ドイツで誕生。
現在では、ドイツ国内から海外子会社まで含め28社、
世界66カ国で広く親しまれている浄水器のリーディンブランドです。
欧州では家庭用浄水器だけでなく、
業務用ろ過システムの開発、製造、販売も展開しています。

会社名: BRITA Japan株式会社(ブリタ・ジャパン株式会社
本社: 東京都中央区銀座3-15-10
菱進銀座イーストミラービル7F
ウェブサイトwww.brita.co.jp / モバイルサイトwww.m.brita.co.jp

配信元企業:BRITA Japan株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ