“伝説の一部”となった岡崎、誰もが今季限りでの退団を惜しむ

OkazakiBeautifully’ Adapted To The Premier League」(プレミアリーグに美しく順応したオカザキ)

 5月20日、こんなタイトルの記事がレスターの公式サイトに掲載された。私がリチャード・メロー広報官の取材に応じたものだ。10日に今季最後となる監督定例会見に出席した際にインタビューを受けた。天気の悪い英国では珍しく雲一つない五月晴れの日で、ちょうど3年前、レスタープレミアリーグ優勝が決まった直後の定例会見も、こんな晴天の日だったことを思い出した。この2日前の8日、日本代表FW岡崎慎司の今季限りでの退団がレスター公式サイトで発表されていた。

 この4年でメロー広報官とは、「リッチー」「マサ」と呼び合う仲になっていた。レスターと同じ青のユニフォームを基調とした“ブルーズ”でも、本当はエバートンファンであるリッチーは、私のインタビューを終えると「シンジが退団すると本当に寂しくなるな」と、呟くように言った。試合の取材申請を担当するマリーには、「シンジが退団したら、もうレスターには来ないの?」と聞かれた。

 阿部勇樹(現・浦和レッズ)の所属2季目の冬にレスターの広報官となり、今では監督付きに出世したアンソニーには「レスターの試合に来たければ言ってくれ。いつでも招待するから」と声をかけられた。また英地元紙「レスターマーキュリー」の主任ライターであるロブ・タイラーには、「シンジがいなくなり、君たち日本人報道陣も来なくなると、優勝が本当に遠ざかったように感じて、センチメンタルな気持ちになるよ」と言われた。

 しかし、こうしたインタビューを受け、クラブ関係者や地元紙ライターと心が通ったのも、岡崎がレスターでその名を轟かせたからだ。加入初年度の2015-16シーズン、残留争いをすると見られていたチームが突然変異を起こし、“優勝オッズ”5001倍の奇跡の優勝を果たして、岡崎はクラブの伝説の一部となった。

 そのことは、就任わずか3カ月で岡崎の退団に立ち会ったブレンダン・ロジャーズ監督の言葉からも明確に伝わってきた。

 定例会見後、私を含めわずか5人の地元記者によるロジャーズ監督を囲む懇談会に出席した。正直、たった3カ月の付き合いでどれほどのことが言えるかと高をくくっていた。しかし岡崎について聞くと、ユルゲン・クロップ監督が就任する前のリバプールを率い、セルティックで2年連続3冠を達成した知将は驚くほど饒舌になった。

3カ月の付き合いだったロジャーズ監督も賛辞 「人間として素晴らしい

「まず人間として素晴らしい。練習場で蹴られて倒れこんでも、楽しくてしょうがないとばかりに笑顔で立ち上がってくるんだ。そんな彼のサッカーに対する愛情が、シンジをこれだけの選手にしたのだと思う。英語では『エンプティー・ザ・タンク』(タンクを空にする)という言葉で全力を尽くすことを表現するが、シンジはまさに常にタンクを空にする選手だ。彼は試合のピッチ上だけではなく、練習場でもいつもタンクを空にするまで走る。連日のハードワークを自分に課し、それをエネルギッシュに、素晴らしい情熱でこなしている。短い間ではあったが、彼と一緒にやれたことは私にとって光栄だった。そんな岡崎はレスターレジェンドである。サポーターはこの先、どんなことがあっても、彼がこのクラブのために全力を尽くした姿を忘れることはないだろう」

 冒頭でリッチーが私のインタビュー記事に、「プレミアに美しく順応したオカザキ」という見出しをつけたが、同時にこれほどプレミアで愛された日本人選手もいない。なぜなのか――それがこのロジャーズ監督の言葉で分かった。それは岡崎が、“常にタンクを空にする男”だったからだ。

 サッカーの母国、イングランド。この国のサッカーには命知らずの男たちがボールを挟んでぶつかり合った、いにしえのフットボールの香りが今も色濃く漂う。だからこそファンは、この格闘技さながらのサッカーで、まず選手に当たりを怖がらずボールに向かう勇気を求める。もちろん、常に全力疾走でボールに向かう。それがこの国のサッカーで、全力を尽くすということだ。

 イングランドファンは技術的なミスには寛容だ。しかし当たりを怖がって、相手と五分五分のルーズボールに飛び込まなかったり、ラインぎりぎりまで全力疾走でボールを追わない選手には、味方であろうと容赦なくブーイングを浴びせる。

 岡崎はそういった全力を求めるプレミアファンの基準の、さらに上を行くプレーで、レスターサポーターの熱烈な支持を得た。

ヴァーディと築いた“縦関係”の2トップ

 岡崎はいつも試合開始直後から、後半残り10分で1点を追いかけるチームの選手のようなインテンシティーでボールを追いかけた。あんな走りでは、とてもじゃないが90分持つわけがない。しかし、我らが日本代表FWはそんなことはお構いなしだった。

 確かに「ミスター60分」とチームメートにからかわれるのは本意ではなかっただろう。しかしセンターフォワードでありながら、岡崎は味方が守勢に回れば常に中盤を助け、全力疾走でプレスをかけた。

 そうしなければ、レギュラーになれなかったという側面もあった。

 岡崎加入1年目の15-16シーズン、FWジェイミー・ヴァーディが大化けした。特にシーズン序盤の8月29日に行われた第4節ボーンマス戦(1-1)から11月28日の第14節マンチェスター・ユナイテッド戦(1-1)にかけて、FWルート・ファン・ニステルローイが03年に記録し、更新不可能と見られていたプレミア10試合連続ゴール記録を11試合に塗り替える大活躍で、レスターを奇跡のレールに乗せた。

 ここまで大爆発すると、2トップの一角はヴァーディで確定した。すると岡崎のチームライバルは、ポストプレーや空中戦で存在感を見せ、前年の14-15シーズンリーグ戦11ゴールを決めてレスターチーム得点王に輝いたFWレオナルド・ウジョアとなった。

 そこで岡崎は、それまでのレスター2トップが見せていた“横の関係”を、自らをヴァーディの背後のトップ下に沈めて“縦の関係”に構築し直し、独自のプレーを見せ始めた。

 絶好調のエースと中盤の橋渡し役となり、それと同時にカウンター攻撃を主体にしたチームの宿命で、相手にボールを奪われる頻度が高い展開の中で、最前線からすぐさま敵のセンターバックアンカーにプレスをかけるアグレッシブな守備にも取り組んだ。

 結局、この岡崎のプレースタイルがはまった。このプレースタイルこそレスターに突然変異を生み、奇跡の優勝に不可欠なピースとなったのである。

マフレズが呟いた一言 「シンジがいなければ勝てないよ」

 無論、このシーズンに大爆発したヴァーディが、トットナム所属のFWハリー・ケインと激しい得点王争いを演じながら24ゴールを奪ったこと、また17ゴール10アシストという驚異的な数字を記録し、プレミアの最も権威あるMVPであるPFA年間最優秀選手賞を受賞したMFリヤド・マフレズ(現マンチェスター・シティ)、そしてまさに“天才的”なインターセプトを中盤で重ねて翌シーズンにはチェルシー移籍を果たし、世界一フランス代表にも名を連ねたMFエンゴロ・カンテの活躍は目覚しかった。しかし、あの岡崎の試合開始早々からエンジン全開で飛び出すように走り続けたプレーが、レスターの奇跡の起爆剤になったことは間違いない。

 岡崎が入ると、レスタースイッチが入った。ファンはそれをよく知っている。その一瞬、一瞬に全力を尽くす岡崎がいたことで、他の選手もその献身性につられるようにボールを追った。岡崎の足がもつれたら「今度は俺の番だ」と、ヴァーディが、マフレズが中盤に下がった。MFマーク・オルブライトンはいつも岡崎と一緒に走って、相手の最終ラインを辟易とさせた。カンテは中盤の底で岡崎のように走りまくって、相手の攻撃陣をうんざりさせた。あの年、何かに駆り立てられたかのように走りまくったレスターイレブンの中心に岡崎がいた。

 そんなふうに己を捨てるようにがむしゃらに走り、チームを助けた岡崎だから、当然、チームメートにも愛された。

 今季から王者シティに移籍した“魔術師”マフレズはインタビュー嫌いで有名で、大抵の場合、プレスを無視して記者の囲み取材が許されるミックスゾーンを素通りした。しかし昨季に怪我で岡崎の欠場が続くと、日本の報道陣に「ノー・シンジ、ノー・ウイン」(シンジがいなければ勝てないよ)と話しかけてきて、我々を驚かせた。

 もう1人のエースヴァーディは本当に強面で、いつも仏頂面で記者団の前を通り過ぎたが、岡崎が囲みに応じているところに出くわすと「こんにちわ!」と陽気に声をかけてすり抜けた。

 仲の良いDFクリスティアン・フクスは岡崎の脇腹をくすぐり、主将のDFウェズ・モーガンは優しく日本代表FWの肩をポンと叩いて通り過ぎた。そんなレスター選手の表情にはいつも”苦笑”にも似た、不思議な笑顔が張り付いていた。その苦笑の裏にはきっと、「タンクを空にすることにかけてはシンジに敵う奴はいない」というリスペクトがあったのではないだろうか。

「満足したら終わり」 強迫観念に近い思考回路がエネルギーの源

 5月12日、本拠地キングパワー・スタジアムで行われたプレミアリーグ最終戦。前半34分にウォームアップのために元気良くピッチ脇に飛び出した岡崎慎司が、一瞬怯んだかのように後ずさりした。

 岡崎の登場とともに、大観衆が一斉に立ち上がって大きな拍手を浴びせたからだ。ピッチ上では強豪チェルシーを相手に、味方が0-0の緊迫した試合を展開していた。しかし観客は「そんなことよりもっと大切なことがある」と言わんばかりに、サブのウォームアップスタンディングオベーションをした。

 岡崎にすれば、こうした状況も予想できたかもしれない。今日が最後の試合。奇跡の優勝を果たした栄光のレスターイレブンに対する、ファンの思いは大きい。しかも岡崎が、優勝に不可欠な男だったことをファンはよく知っている。

 しかし岡崎はそんなことは全く忘れていたかのように、熱烈なサポーターの反応に驚いていた。

 そして、“これが岡崎なんだ”と思った。

「うーん、まぁ、どうでしょう。僕は記憶をなくしてしまうんです。だから、鮮明に覚えている試合はないんです。ただ、やっぱり優勝したという歴史に自分がいたという記憶は残っていますよ。でも今、パッと感慨深く思い出せる試合はあまりないですね。なんでもそうです。高校時代のこともそうだし、過去はすぐ薄くなってしまう。ただただ、悔しい思いをしたまま終わっている感じです。今の自分だったらこうできた、みたいな。だから、あの時は良かったというよりは、今日のあのシーンとか、このシーンをこうしておけばとか、もっと前でやりたいとか。ただただ、悔しい思い出しか残っていない。感傷に浸れないんです。優勝した時も、優勝したことよりも、自分が結果を出せなかったことのほうが記憶に残っている。まあ、損なんですよ」

 レスター最後の試合直後の囲み取材で、「この4年間で印象に残る試合は?」と尋ねて返ってきた答えがこれだった。

 本人も言っているが、全く損な性格だ。栄光や成功は記憶に残らず、失敗や悔いばかりが脳裏に刻まれるという。

 しかし、こうした「俺は満足したら終わりだ」とでもいうような強迫観念に近い思考回路が、岡崎に常にタンクを空にする姿勢を与え、選手としての進歩を支えるエネルギーの源になっているのだろう。

 そんな岡崎が、「もう一度ストライカーとして勝負したい」と言っている。そうとなれば新天地がどこになったとしても、我々はこの男のやることを黙って見守っていればいいのである。(森昌利/Masatoshi Mori)

今季限りでレスターを退団した岡崎【写真:Getty Images】