5月24日Tokyo Recordings所属のプロデューサー小島裕規によるアーティストプロジェクトYaffleの新曲『UNIKA feat. Raphael Gualazzi』が、SpotifyApple Musicで配信された。

2018年1月に発表した『Empty Room feat. Benny Sings』を皮切りに1年間で計4作品をリリース。いずれも日本を初め、東南アジアヨーロッパSpotifyで好評価を獲得しており、前作『La Nuit feat. Fabienne Debarre』は日本に加え、フランスの“New Music Friday”にもリストインしている。

Yaffle – La Nuit feat. Fabienne Débarre (Official Lyric Video)(YouTube
https://youtu.be/XBX3_0MeS9Q

自身のアーティスト活動としては半年ぶりとなる今作だが、タイトルの「UNIKA」はエスペラント語で「独特な(unique)」という意味が込められている。そんな今作は、イタリアSugar Musicに所属し、昨年10月リリースされたアンドレア・ボチェッリの新作アルバム『Si~君に捧げる愛の歌』にも参加しているイタリアシンガーソングライターRaphael Gualazzi(ラファエル・グアラッツィ)をヴォーカリストに起用。

昨年春の来日時にライティング・セッションが実現し、イタリア語と英語が軽快に行き来する、ラファエルのダンディーなヴォーカルが印象的な、Yaffleらしいひねりの効いたクロスオーヴァーエレクトロニックポップが完成した。

UNIKA feat. Raphael Gualazzi』は、Yaffleが設立した自身のレーベルPicus Recordsから SpotifyApple Music限定でストリーミングリリースリリックビデオYouTubeにて公開予定だ。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信
(執筆者: gallagherbros) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 表現する人、つくる人応援メディアガジェット通信(GetNews)』
Yaffle イタリアの人気クロスオーヴァー・ジャズ・アーティストRaphael Gualazziをフィーチャーした新曲『UNIKA』配信