5月27日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)に宮野真守が登場。人気声優としての心得などを明かした。

【写真を見る】アニメ作品で声優に挑戦し、苦労したエピソードを明かした有田哲平

声優として人気アニメに出演し、映画の吹き替え、歌手としても活躍する宮野。これまで携わった作品は700本を超え、一人で子供から老人まで、幅広い声を出すことができる。

人気者だけに「毎日違う作品ですね」と言い、一日に2作品分録るというエピソードでは映画一本は「半日です」と話し、しゃべくりメンバーを驚かせる。上田晋也(くりぃむしちゅー)は「せりふが一つとかの役でしょう?」と聞き返すが、宮野は「ほとんどしゃべっている役です」と、主役でも半日で終えていると明かす。

上田が思わず「半日で済むの!?」と声をあげると、宮野は「プロなんで」と堂々と答えて、しゃべくりメンバーから拍手を浴びた。

もちろん事前に家で映像を見ながら練習をして本番に臨んではいると言うが、以前アニメの声優をやったことがある有田哲平(くりぃむしちゅー)は「合わせるのが難しいんですよね」と話す。当時、普通のお芝居よりテンションを上げてやるのが大変だったという有田に対し、宮野は逆に「抑揚をつけないことも大事にしています」とプロならではの対応も。

そんな宮野が声優になったきっかけは、アニメ好きというわけではなく、子役をやっていて、18歳のときにたまたま受けた海外ドラマ吹き替えオーディションに受かったことから始まったと分かる。現在は変幻自在に声を出すことができる宮野だが、当時は全然できずに、監督からみかんを口に詰められて「これでしゃべってろ」と怒られた経験を告白した。

他にも宮野は声を自身で加工する方法や、日常のせりふをセクシーに言う、しゃべくり007の過去の放送のアテレコなど、声を使ったさまざまな技を披露してスタジオを沸かせた。

SNSでは「宮野真守さすがだわ」「宮野真守が面白いから寝れない」「かっこいいな、声」などのコメントが上がっていた。

次回の「しゃべくり007」は6月3日(月)夜10:00より放送予定。ゲスト堤真一、柳楽優弥、玉森裕太が登場する。(ザテレビジョン

宮野真守が「しゃべくり007」に登場