これまで各国リーグイエローカードランキングをご紹介してきたが、今回は欧州5大リーグランキング化。前回まではイエローカードを提示された回数が多いクラブを紹介してきたが、今回は今シーズン最もイエローカードを提示されたが回数が少なかったクラブをご紹介する。

欧州5大リーグ、イエローカード数ランキング

プレミアリーグ、イエローカード数ランキング

ラ・リーガ、イエローカード数ランキング

ブンデスリーガ、イエローカード数ランキング

セリエA、イエローカード数ランキング

リーグアン、イエローカード数ランキング


10位:リヨンリーグアン 3位)

イエローカード(53枚)

10位はフランスリーグアンからリヨンランクイン。チームトップはCBのマルセロで6枚だった。


9位:フライブルグブンデス 13位)

イエローカード(51枚)

9位はドイツブンデスリーガフライブルグ。チームトップドミニク・ハインツの5枚だった。


8位:バイヤー・レバークーゼンブンデス 4位)

イエローカード(50枚)

ブンデスリーガを4位で終えたレバークーゼンが8位に。今シ-ズンは開幕から3連敗でスタートし、順位も下位に沈むも徐々に勝ち星を積み重ねUEFAチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。


7位:アンジェリーグアン 13位)

イエローカード(49枚)

7位はリーグアン13位だったアンジェランクイン。チームトップはマテオ・パヴロビッチの7枚だった。


6位:チェルシープレミア 3位)

イエローカード(49枚)

6位はUEFAヨーロッパリーグ決勝に進出したチェルシーチームトップはジョルジーニョの8枚。またDFではアントニオ・デュディガーが7枚提示されている。


5位:マンチェスター・シティプレミア 1位)

イエローカード(44枚)

プレミア王者は5位にランクイン。チームトップは今シーズン限りでシティを退団することになったバンサン・コンパニで6枚だった。


4位:ボルシアMGブンデス 5位)

イエローカード(43枚)

4位はボルシア・メンヒェングラートバッハランクイン。チームトップはデニス・ザカリアで8枚だった。


2位タイ:ボルシア・ドルトムントブンデス 2位)

イエローカード(40枚)

ドルトムントが2位タイにランクイン。今シーズン最終節までもつれ込んだブンデスリーガ優勝争いで惜しくも2位に終わったドルトムントイエローカードランキングでも2位になった。なおチームトップトーマス・デラネイの7枚。


2位タイ:バイエルン・ミュンヘンブンデス 1位)

イエローカード(40枚)

バイエルンも2位タイ。ブンデス頂上決戦はここでも繰り広げられていたが、ドローに終わった。チームトップティアゴ・アルカンタラの5枚だった。


1位:リバプールプレミア 2位)

イエローカード(37枚)

1位に輝いたのはリバプール。合計37枚で一番少なかった。なお、チームトップはファビーニョの6枚だった。