会社近くのすき家

「これ、終わりの始まりやろ」ネット上でこのようなこがつぶやかれるようになったのは、24日、大手牛丼チェーンすき家が豚丼をはじめとする商品を6月上旬から順次終了すると発表したためだ。いったい今回なぜ、突然の発表に至ったのか。

 

■豚生姜焼き丼は引き続き販売

同日、すき家は「豚丼」のほか、「お子様豚丼」「豚あいがけカレー」「豚皿定食」「豚皿」も販売終了していくと発表。多くの人が利用する丼チェーン店だけに衝撃は大きいことだろう。

今回終了する理由について聞くと、ゼンショーホールディングス・広報課は「メニュー改廃の一環です」と回答した。

同課によると、普段から新商品の入れ替えをしており、今回の終了も同様のものだとしている。今後豚丼が新しくなって再登場するかは「今のところ未定」としながらも、豚生姜焼き丼は引き続き販売するという。

 

■食べすぎてトイレに…

 

ミニ豚丼

記者が最後にすき家で食べたのは、大学生の初期だ。かつて大盛りメニューにどハマりした時期は、すき家・豚丼の「メガ盛り」を食べたこともある。最後かもしれない姿を目と胃に収めるべく、編集部近くの店舗へ向かった。

食べたのは『ミニ豚丼』(310円)。テーブルに運ばれて、一口食べた瞬間、ウマイという感想が込みあがってくると同時に、懐かしさがフラッシュバックする。大盛りを食べ過ぎてトイレを探し京都の街をさまよったこと、顔の肉がパンパンに膨らんだこと…。時の流れは恐ろしい。

■「最後に食ってくるわ」

ネット上でも、嘆き悲しむ声があがっている。

「(なくなるって噂が)ほんとやん」

 

「牛丼より美味かったのに」

 

「最後に食ってくるわ」

 

■1人で入店する割合は…

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,354名を対象に、今までにどんな飲食店にひとりで入店した経験を持つのか調査を実施。すき家が該当する牛丼屋は、2番目に多い55.9%。女性では17.8%と差の出る結果となった。

飲食店

「牛丼より豚丼」派の人たちにとっては今回の発表は、相当なショックだったのではないだろうか。

・合わせて読みたい→【復活して欲しいチェーン店メニューTOP3】やっぱり強い、1位のアレ!

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年9月29日2017年10月2日
対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

すき家から「豚丼のメニュー」が姿を消す 「牛丼より美味かったのに…」と嘆きの声